--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
08
24

【記事】ユ・オソン“ドラマ‘友へ’,想像力不足”厳しい忠告

【記事】ユ・オソン“ドラマ‘友へ’,想像力不足”厳しい忠告
記事入力:2009-08-24 11:16
N2009082411162576001.jpg
[経済トゥデイ]
俳優ユ・オソンがMBC週末特別企画‘友へ,私たちの伝説’に物足りなさを表わした。
ユ・オソンは最近済州道(チェジュド),西帰浦市(ソグィポシ)ウィミリ セット場で開かれたSBS大企画‘太陽を飲み込め’現場公開で取材陣と会って“ドラマ‘友へ’を2~3回ぐらい視聴したのだが,想像力が不足するのではないかという惜しい感がした”と明らかにした。
彼は“作家自ら解釈をすることかもしれないが映画ととても似たアングルとセリフが目にさっと入ってくるからドラマそれなりの興味がわいてこなかったよ”として“もう少し想像力を発揮すれば良いという風がある”と伝えた。
また映画出演当時自身が引き受けたイ・ジュンソク役のキム・ミンジュンに対しては“私もまだ演技に対して悩んでいる立場だから、キム・ミンジュンの演技を私が評価することはできないこと”と言い切った。
その間主演俳優で活躍したユ・オソンが‘太陽を飲み込め’助演級出演に対して“その間何編の映画に出演契約をしたが中間に製作が失敗に終わりながら,本意と違って空白期ができた”として“私に演技の動力が必ず必要だったために‘太陽を飲み込め’に出会うようになった”と伝えた。
引き続き“私をはじめとして,作家と監督をはじめとして,チソン,ソン・ユリなど‘太陽を飲み込め’を一緒にする彼らは皆動機付与が確実だ”として“チソンは100億台ドラマの先鋒に立った立場で,ソン・ユリは20代最後の作品という意味で…皆がこの作品を作らなければならない理由が確実だったために撮影現場の雰囲気が良いようだ”と話した。
競争作KBS2水木ドラマ‘お嬢さんをお願いして’が初回放送当時‘太陽を飲み込め’を押して水木劇1位にのぼったことに対しては“演技者が視聴率をついて行ってはいけない”として“良い演技を通して視聴率が作品に従ってくるようにしなければならない。
‘太陽を飲み込め’は今から事件の葛藤が増幅されながら,より一層興味米絶えず湧き出るようになるだろう”と自信を表わした。
劇中ユ・オソンは天才ギャンブラージャクソン・リーの役でチョンウ(チソン)と生死苦楽を共に渡しながら強固なパートナーで精神的支柱.
チャン・ミンホ会長(チョン・グァンリョル)に対する復讐を夢見るチョンウの独自路線に不満を抱いていたりもする。
総24部作中前半登場人物のストーリーを終わらせて,本格的な事件と葛藤局面に入り込んだ‘太陽を飲み込め’という来る26日放送される14回の方からより一層興味深く視聴者をひきつける予定だ。


おお~っ、元祖イ・ジュンソクことユ・オソンついにドラマ<チング>を語る
いきなりカウンター食らったような厳しいコメントだわ。。。
いろいろあるようだから、愛憎も混じっているのかな
ふふふ。放送には追いついてないけど、テサムも見てま~す。こちらもねぇ。。。
兎に角!ジャクソン、かっこいいっす
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。