--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
08
24

【記事】‘友へ’ソ・ドヨン,東奔西走義理派熱演‘注目’

【記事】‘友へ’ソ・ドヨン,東奔西走義理派熱演‘注目’
オンラインニュースチーム
MBC週末ドラマ‘友へ私たちが伝説’(以下‘友へ’)で社会部記者サンテク役を担ったソ・ドヨンの義理が光った。
去る23日放送された友への18回分で誤解によってドンス(ヒョンビン)がジュンソク(キム・ミンジュン)の組織を急襲して,荒地にしておいた後,右腕トルコ(イム・ソンギュ)まで殺すや二つの組織は正面対決を避けることができなくなったこと。
2009082439431474.jpg
これにサンテクは幼い時から友情を確かめた彼らの避けられない運命で刃先をねらうことになるや、記者の身分を活用して,彼らを守るために取り引きをすることになる。
トルコの死で釜山の組織を一網打尽しようとするト検事を先に訪ねて行って,二つの組織とその組織と線がつながる国会議員のすべての資料を譲り渡しながら,ドンスとジュンソクの善処をお願いするサンテク.
すでに戻れない川を渡った二人の友人を守るために最善を尽くすサンテクの義理が光った場面.
サンテク役は友へが映画からドラマで製作されながら,最も大きい変化があったキャラクター.
映画監督であり,二人の友人を眺める観察者役割をした映画とは違って、正義の方に立って弱者と社会の闇を告発する記者で大幅修正されたこと。
これに彼らと正反対の生活を送る記者のサンテクが、一番最初に告発しなければならない対象は、懇意な友人ジュンソクとドンスであり,また最も守らなければならない対象である。
今回の18話を通じて,サンテクのキャラクターが映画監督から記者に変わった理由が明らかになったわけだ。
ソ・ドヨンは“サンテクは静かだが強い役割だ。
正しいと信じることでは絶対に信念が変わらない。
サンテクはドンスとジュンソクはやはり政治と組織の犠牲の羊だと考えて,そのような選択をするのだ。
今後残った19,20回でも二人の友人の正面対決だけは避けるようにするために最善を尽くすサンテクを期待してくれ”と明らかにした。
2009082439582481.jpg
ソ・ドヨンは先月日本でファンらのための行事を無事に終えたし,日本ファンらにもより一層近くみなが行くために日本進出に対しても色々な方面で所属会社と苦心中にある。
自身のキャラクターに合う次期作選定のために交渉が入ってきたシナリオを読みふけりながら,若干の休息を取る予定だ。
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。