--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
08
28

【記事】そのくらいにしろ‘友へ’結末,映画と同じだという言葉!..“確実な反転ある”

【記事】そのくらいにしろ‘友へ’結末,映画と同じだという言葉!..“確実な反転ある”
[2009-08-28 09:13:11]
200908280739391001_2.jpg
200908280739391001_1.jpg
200908280832271001_3.jpg
200908280832271001_4.jpg
[ニュースエン ホン・ジョンウォン記者]
“ドラマ‘友へ’映画と完全に違った結末!”
MBC週末ドラマ‘友へ,私たちの伝説’の製作会社眞人事フィルム側がドラマ結末が原作映画と確かに違うと強調した。
‘友へ,私たちの伝説’放映が始まりながら“ドラマが原作映画‘友へ’とストーリーが似ている”という話を聞いたりした。
これに対して眞人事フィルムのイ・チャンホ本部長は28日ニュースエンに“今週放送終了するが映画と完全に違った結末を見せる”として“確実な反転があって,その反転は最終回の20回に放送される”と明らかにした。
イ本部長は引き続き"8月初め進行された補充撮影で映画と違った結末の反転場面を極秘裏に撮影した”としながら“反転候補が何個かあったのだが製作スタッフの会議終わりにその中の一つが選択された”と説明した。
19回でドンス(ヒョンビン)が死ぬ場面が,20回で映画と違った反転が公開される。
原作映画ではドンスが疑問の死にいたりながら“そのくらいにしとけ,たくさん食らった”というセリフとともに名場面を残した。
映画では始終一貫ドンスを肩を持ったジュンソク(キム・ミンジュン)が法廷でドンスの殺害を指示したと自白しながら終わりにして‘本当にジュンソクがドンスの殺害をそそのかしたのか’を置いて観客らの疑問が増幅されて,まだ解けないミステリーで残っている。
映画とドラマの演出を引き受けたクァク・キョンテク監督は“映画が封切って10年がみななって行くがまだ‘ドンスは誰が殺したか’という質問をする人が多い。
ドラマにその答を入れた”と話したことがある。
製作会社側はドラマ放映前から映画と違った結末を予告してきた。
ドラマが放映されながら,映画と全く違うかたがついてくるという端緒らがあちこちで捉えられることもした。
映画では比重がなかったウンジ(チョン・ユミ)がお父さんが誰なのか分からない子供とともに帰国するかと思えばドンスの右腕ウンギ(ソン・アンモ)がサンゴン(イ・ジェヨン)からある種の提案を受ける設定,ヒョンドゥ(パク・ジンス)が収監中ジュンソクに会って,ドンスに対する反感を表わす場面など反転に対するヒントが何度も現れた。
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。