--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
08
30

【記事】‘友へ’ペ・グリン“クァク・キョンテク監督,私を俳優にした”(インタビュー)

【記事】‘友へ’ペ・グリン“クァク・キョンテク監督,私を俳優にした”(インタビュー)
[2009-08-30 08:41:56]
200908291524401001_1.jpg
200908291524401001_2.jpg
[ニュースエン イ・ミヘ記者]
MBC ‘友へ,私たちの伝説’がまた1人の新鋭スターを産んだ。
まさにソン・ソンエ役を担ったペ・グリンだ。
ボーイッシュな魅力のソン・ソンエをとても完ぺきに消化したペ・グリンはチュンホ(イ・シオン扮)とともに‘友へ,私たちの伝説’の甘草の役割を正確にやり遂げた。
どうのこうのソンエとチュンホ カップルは多少重くて暗いこともあるドラマに笑いをあたえる活躍素になった。
そういえばペ・グリンの顔がたくさん顔なじみだ。
他でもない2007年話題になったT映像通話完全征服CFでチョン・ギョンホとしらじらしいカップル演技で話題を集めた主人公.
だがペ・グリンはCFスターに留まることに満足しなかった。
その後2年,ペ・グリンはいくつかのドラマに助演で顔を出しながら,演技経歴を積み上げたし今は習えとの呼称が面目を失わないように成長した。
“クァク監督様,ドラマを撮ってさっと老いて悲しいです”
ペ・グリンに光を与えたドラマ‘友へ,私たちの伝説’.
愛らしいソンエを作り出したペ・グリンを人々はまた注目し始めた。
だからだろうか?ペ・グリンはSBS ‘ハンサムですね’に続けてキャスティングされた。
もう今やペ・グリンには春であるようだ。
それならペ・グリンに‘友へ,私たちの伝説’とクァク・キョンテク監督は果たしてどんな意味を持つだろうか?
“私を俳優にしたドラマであることのようです。
特にクァク監督様が俳優にさせましたよ。
私ができないと考えるのを監督様は内面で引き出して下さいました。
私がこういうものもできて?という考えもするほどでしたよ。
私が撮影する時ごとに監督様がかっと大声を出すことが多かったのに,その時は憎らしいと考えたのに今顧みればとても感謝します”
ペ・グリンはクァク監督に対してしたいお話が多いようだった。
クァク監督が撮影会場で娘のようにかわいがってくれたかきまり悪いほど称賛したささいなことらがペ・グリーンには良い思い出だと。
またこらしめればむしろ自信を失う自身のために“称賛はソンエを踊るようにする”としながら“ソン・ソンエって子上手です”と応援をしたクァク監督にペ・グリンは強い愛情と信頼を見せた。
“ドラマ撮影がみな終わった後、監督様を見るから初めよりたくさん老けられましたよ。
なぜかその姿を見ると涙も出るところでした。
まだ不足した私に良い機会を与えられたし,俳優として成長することができるようにして下さったのではないですか。
私には‘私をかっとするようにさせる人’だが、私の人生で本当に最高の出会いだと呼ぶことができる程本当に良い人です”
“ヒョンビン兄さん集中力は本当に最高です”
ペ・グリンは‘友へ,私たちの伝説’を通じて,俳優に新たに出たが,他のその何とも変えられない良い同僚らをたくさん得た。
釜山で6ヶ月の間苦楽をともにするように過ごしたスタッフらはもちろんで俳優らとはドラマ撮影が終わった後にも着実に連絡をやりとりする程の親友になった。
それならペ・グリンが見た‘友へ,私たちの伝説’俳優らはどうだろうか?
“ヒョンビン兄さんは集中力が本当に最高です。
ヒョンビン兄さんを見ていればびっくりするほどです。
本当にすばらしい集中力を持った人です。
私たちと遊びながらもシュートだけ入ればドンスになっています。
‘ヒョンビン’という人の位置に上がらなければならない人です。
監督様もその点は認められましたよ。
ところでまたそれとなくいたずらっ子である面もあります。
魅力的でしょう”
‘友へ,私たちの伝説’俳優らとは家族のように過ごした。
特に大きい容貌が似たワン・ジヘとはきては本当の姉妹のように過ごしたと。
釜山にある間共に南浦洞(ナムポドン)街を闊歩したり,国際市にを行ってショッピングをして,共に映画を見たりした。
家族とはなれて過ごさなければならなかった遠い釜山生活だったが,おかげで全く孤独でなかった。
“キム・ミンジュン兄さんは助言をよくしてくれる方です。
涙演技のために苦労する時もからだを後れを取るようにさせろと助言をされました。
私とは生まれの同い年がふわりと越えるがいたずらもたくさんみなされました。
また意外にソ・ドヨン兄さんがお話が多かったです。
どんなにおしゃべりもたくさんなさるかおばさんと呼びました。
イ・シオン兄さんも同じだよ。
カラオケに行けば二人で雰囲気をみなアゲましたから”
今まさに演技始めて着手を踏み出し始めたペ・グリンには夢がある。
‘幻想のカップル’ハン・イェスルのような演技をしたいということ。
しらじらしい表情のペ・グリンを見ているととてもよく似合いそうだという考えが自然に出る。
そのように演技内面空白を積み上げてみるならば映画‘私の頭の中の消しゴム’ソン・イェジンのような演技もいつかは可能でないだろうか?
(写真提供=第二アンドスター)
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。