--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
08
30

【記事】チョン・ユミ"忙しくて幸せです"…'友へ'から'宝石ピビンパ'まで(インタビュー)

【記事】チョン・ユミ"忙しくて幸せです"…'友へ'から'宝石ピビンパ'まで(インタビュー)イ・ミヨン記者,写真チョン・ソヒ記者
"毎日毎日我を忘れて忙しいが演技を継続することができて幸せです。"
演技者チョン・ユミは2009年本当に目が回るほど忙しい毎日を送っている。
MBC週末企画ドラマ'友へ,私たちの伝説'でドンス(ヒョンビン扮)だけを愛する純情派で目で存在を知らせたチョン・ユミはその余韻がまだ行く前に後続ドラマ'宝石ピビンパ'でテレビ劇場に戻る。
スクリーンにも出馬表を出した。
チョン・ユミはスエ,ハ・ジョンウとともにする映画'ティファニーで朝食を'では自由奔放でファンキーなスタイルの若い音楽エンジニアに変身した。
清純で女性らしいイメージからぱんぱん飛ぶ溌刺とすることまで,多様な八色鳥魅力を発散しているチョン・ユミに会った。
1248413934879_1.jpg
◆"'友へ'では一途な心で...実際にはサランに率直でなかったんですよ"
2009年チョン・ユミの作品出口を開いた作品は'友へ'だ。
'友へ'で同数に対する一片丹心を積極的に表現することができる大胆なウンジ役に視聴者たちにチョン・ユミという名前三文字と顔を知らせた。
1,2次オーディションと小劇場オーディションを経て高い競争率を突き抜けてウンジ役を取り出したチョン・ユミは"何かを骨を折るように成就しておいた満たされた感じ"で撮影に臨んだ。
事前製作による豊かな撮影期間と既に出てきていたシナリオ,楽しかった合宿生活,そして故郷釜山でなまりを思い切り使いながら,そんなに大きい困難なしで撮影を終えたと。
ドラマ撮影序盤,自身と正反対の性格のキャラクターを捉えるのが容易でなかったがクァク・キョンテク監督の助言と一緒に現場で友のように過ごした俳優らのおかげでますますキャラクターに没入して演技することができた。
"初めにはキャラクターの把握が大変だったが、後ほどには本当に名前の代わりに劇中の名前を呼ぶ程皆キャラクターに溶け込みました。
おそらく1月から7月まで合宿をしたためか、さらに厚くて親しくなることができたことのようです。
ドラマ撮影なくても連絡して,ジンスクが(ワン・ジヘ扮)とソンエ(ペ・グリン扮)とはレインボーメンバーの集まり作って,集いを持っています。
本当の友人二人ができたようです。"
ドラマの中でウンジは高等学校の時から成人になってまでずっとドンスに対する一途な心で積極的なサラン表現をする。
時には憎らしい程率直だ。
実際チョン・ユミの愛の方法が気がかりだった。
"ウンジとは正反対です。
内省的だと自分の感情に率直でなくて、サランにも積極的でなかったようです。
学生時代にも芸能人だけ粘り強く好んだだけで男と付き合ったこともなかったしむしろ負担になったことのようです。
少し遅く異性に目を開きましたよ。"
◆"2009年続けて三作品...幸せだ"
チョン・ユミは'友へ'撮影を終わらせるやいなや'宝石ピビンパ'に合流した。
'宝石ピビンパ'はイム・ソンハン作家の新作だと放送関係者内外で大いに関心を引いている作品だ。
ドラマ キャスティングされた後にも配役は徹底的に秘密裏に送った。
チョン・ユミは新しい作品'宝石ピビンパ'に対する期待感と意志を表わした。
1248414021766_2.jpg
"ひとまずがんばるべきだとの考えの外に聞きません。
'人魚姫'や'超花天女様'でもイム・ソンハン作家の作品はいつも見るならば陥って切れない純愛中毒性があったことのようです。
今回のドラマはまたどうだろうかと思う期待と胸のときめきが混ざっています。
何より今回は大先輩らと一緒にすることになって,たくさん震えたりもしますね。"
スクリーンにも進出する。
映画'ティファニーで朝食を'では自由奔放な録音室エンジニアで,今まで見せた姿から多くの演技変身をした。
"自由奔放で無神経ながら,鋭い,少しは独特の配役です。
外的に見た時数えた感じが強くて,頭も短く切りましたよ。
2004年CFデビュー後ずっときれいで純粋なイメージを受け持ってきたのに次第破格変身です。
違う姿で他の人物を演技をするとまた他の魅力があるとのことを感じましたよ。"
2009年に入り続けて三作品をしながらチョン・ユミは一層成熟した。
"休む隙間なしに撮影して見たら2009年がすでにふわりと過ぎたということを思わないほどです。
毎日毎日我を忘れて過ごしてすぐ次作品入ることだけでひたすら良いです。
俳優として何かをずっと呼ばれていっているという感じです。
2009年は跳躍の年とみるより、演技的に少なくとも幅を広げることができる,たくさん学び固めていくことができる年のようです。"
チョン・ユミは"今後も多様な作品をしてみたい。
顔を知らせてどこまで上がるべきだとすることより演技者としてしていくことができる悩みをちょっとしたい。
こういう悩みのたねがかみ合っているというのがとても幸せだ"としてパッと笑った。
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。