--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
08
31

【記事】‘友へ’最終回,死まで共にした友情‘感動の波’

【記事】‘友へ’最終回,死まで共にした友情‘感動の波’
2009-08-30午後11:54:16
200908302354162100_1.jpg
[OSEN=キム・ミンジョン記者]
MBC週末特別企画‘友へ,私たちの伝説’がドンスに対する死の秘密を明らかにしながら,大長征の幕を下ろした。
30日放送された‘友へ’最終回で話は1993年で流れて,チュンホ(イ・シオン扮)とサンテク(ソ・ドヨン扮)の出会いから始まった。
ジュンソク(キム・ミンジュン扮)はドンス(ヒョンビン扮)を守ることが出来ない残念なことで彷徨の日々を送ることになる。
ジュンソクはチュンホとチュンギ(チュ・ミンギ扮)に会って,自首を決心して,ドンスの殺害を指示したという疑惑で投獄されてしまう。
チュンホはジュンソクを面会と法廷で有利に述べられるように助けるが、ジュンソクは自身が指示したと明らかにしながら,不利な状況に置かれることになる。
裁判場でなぜ偽り陳述をしたかというサンテクの話に、ジュンソクは“ごろつきが恥ずかしくなってはいけないから”と答えたし,これにサンテクは“ごろつきで,恥ずかしくなってそうしたことでなくて、‘チング’なのでそんなものだ”としてジュンソクの決定に胸が痛いといった。
ドンスの部下ウンギは検事を訪ねて行って“濡れ衣で無念な人はいなかったら良いだろう”としてその間隠してきた事実を打ち明けて,サンゴン(イ・ジェヨン扮)は緊急逮捕された。
ジュンソクはサンゴンが拘置所に入ってきたという消息を聞いて,サンゴンはジュンソクの復讐を恐れた。
サンゴンは検事に会って,ドンスの死を部下の誤りに回しながら,国際的な麻薬組織があると情報を流した。
だがジュンソクはサンゴンに復讐する時間を計画して,収監者らの助けを受けて,シャワールームを急襲して,復讐を敢行した。
友人ドンスの死を復讐として終えたジュンソクは結局死刑にあうことになって,“友だち同士申し訳ないことがどこにあるのか”というドンスとジュンソクの幼い時期の姿で‘友へ’は幕を下ろした。
‘友へ’最終回が終わった後の掲示板には‘最終回の感動がまだまだ行かない’ ‘映画に続きドラマやはり名品だった’ ‘キム・ミンジュンの最後の演技があまりにも印象深かった。
本当に悲しくて弱々しいエンディングだった’という物足りなさの文等が続いた。
一方‘友へ’の後続ではイム・ソンハン作家の新作‘宝石ピビンパ’が放送される予定だ。
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。