--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
08
31

【記事】ドンスの死解いたが...'友へ' 7.2%視聴率放映終了

【記事】ドンスの死解いたが...'友へ' 7.2%視聴率放映終了
2009年08月31日(月)06:40:18ファン・イネ記者
27448_34877_4038.jpg
[TVリポート]
クァク・キョンテク監督が映画'友へ'でし終えることができなかった話を恨みなしに解きほぐしたMBC週末ドラマ'友へ,私たちの伝説'が大詰めの幕を下ろした。
最終回ではドンス(ヒョンビン扮)の死に対する疑問がきれいに解消されながら目を引いた。
しかし最終回やはり7.2%の低調な視聴率を記録した。
去る2001年封切って,全国820万観客を動員したクァク・キョンテク監督の映画'友へ'は結末を置いて観客らの多様な解釈があふれたことがある。
当時クァク・キョンテク監督は"解釈はいつも観客の持分"としながら言葉を慎んで,ジュンソク(ユ・オソン扮)がドンス(チャン・ドンゴン扮)の殺害を使嗾したのかに対する疑問は去る8年間ミステリーで残っていた。
20部作ドラマ'友へ,私たちの伝説'は放映前から映画と違った結末で耳目が集中した。
視聴者たちの関心事はやはりドンスを殺した犯人に集中したし,裁判場で自身がドンスの殺害を指示したというジュンソク(キム・ミンジュン扮)の発言に対する背景にも関心が傾いた。
30日放送された最終回でドンスの死に対する疑問はもちろん,ジュンソクの発言背景もまた天下にあらわれた。
ドンスの殺害をそそのかしたのはジュンソクのお父さんを裏切って、ドンスとジュンソクを仲違いしながら,野心を育てたサンゴン(イ・ジェヨン扮)のことだった。
それならジュンソクは裁判場でドンスを殺すように指示したとなぜ偽りの陳述をしたのだろうか。
面会来たサンテク(ソ・ドヨン扮)にジュンソクは映画'友へ'と同一に"恥ずかしくなって。
二人ともごろつきなのにごろつきが恥ずかしくなってはいけないだろが"と話す。
しかしサンテクは"ごろつきで,恥ずかしくなって、それでそうしたことじゃない。
お前とドンスごろつきではなくて、二人が友だちなのでそうした。"という言葉でジュンソクの真心を正確に読みだした。
以後、ジュンソクは夢で申し訳ないと思う幼いドンスに"私がそうなった時,お前も同じようにしたこと。"としながら偽りの陳述をした理由を明らかにした。
'忠武路代表の話屋'クァク・キョンテク監督の親切な解釈とディテールある人物心理描写で20部作'友へ,私たちの伝説'は映画より内容面で硬くて説得的だった。
視聴者たちは"今回のドラマを通じて'友へ'の登場人物らの葛藤と利害関係が皆理解できた。"として"原作があまりにも有名で,広々と分かる内容だったが,回を繰り返すほど没入することになった。
内容が充実している解説集だった。"という反応を見せた。
一方,この日放送でジュンソクはドンスを殺害するようにそそのかしたサンゴンを殺して刑場のつゆと命を終えることで設定,映画と違った結末で目を引いた。
俳優らの好演が引き立って見えたドラマ'友へ,私たちの伝説'は期待に至らない成績に惜しい放映終了をむかえたがwell madeドラマという絶賛があふれた。

【記事】幕を下ろした話題作'友へ'興行失敗要因三つ
2009年08月31日(月)07:28:03ファン・イネ記者
27449_34878_2832.jpg
[TVリポート]
MBC週末ドラマ'友へ,私たちの伝説'が30日放映終了した。
総20部作.
放映中ずっとずっと一桁数視聴率を記録すると最終回まで全国基準7.2%の視聴率を記録しながら,物足りなさ中で幕を下ろした。
2001年封切った映画'友へ'は封切り当時全国820万観客を動員したクァク・キョンテク監督の興行作.
俳優チャン・ドンゴン,ユ・オソンを演技派俳優隊列に合流するようにした作品だ。
ドラマ'友へ,私たちの伝説'ではドンス(チャン・ドンゴン扮)役にヒョンビン,ジュンソク(ユ・オソン扮)役にキム・ミンジュンをキャスティングしたし,クァク・キョンテク監督がまた再びメガホンを捉えて,ドラマで再構成した。
ランニングタイム117分だった映画とは違い20部作ドラマ'友へ,私たちの伝説'は長い呼吸を必要とした。
そのおかげで映画で見せてくれた断片的な人物描写がドラマではより繊細で深く扱われた。
一人一人の事情はもちろん時々刻々変わる人物の心理と葛藤関係に集中した。
また映画で時間制限で果敢に省略するほかはなかったエピソードを最大限生かしながら,映画は要約,ドラマは解説集で比喩されるなど視聴者たちから良い反応を得た。
それなら映画劣らない映像美と高難易度アクション,俳優らの好演,硬い構成などwell madeドラマは絶賛にもかかわらず,ずっと一桁数視聴率を記録しながら苦戦をまぬがれない理由は何か。
ひとまず19才以上観覧可の'友へ,私たちの伝説'は放映初期から過度なモザイク処理で劇の没入を邪魔するというひんしゅくを買った。
'モザイクの伝説'と呼ばれながら,劇の流れを切るという視聴者たちの不満が殺到した。
その上視聴率40%を突破しながら,国民ドラマ隊列に上ったSBS週末ドラマ'きらびやかな遺産'との競争でも惨敗した。
優しいドラマ,暖かいドラマという好評を受けた'きらびやかな遺産'と別に'友へ,私たちの伝説'は重い雰囲気の組織暴力の話という点で女性視聴者たちに徹底して無視されたこと。
また2001年封切った映画を原作にしただけストーリー展開に食傷ぎみを吐露する視聴者たちが頻繁にあることであり,釜山(プサン)を背景にしただけに非常に濃い慶尚道(キョンサンド)なまりに一部視聴者たちは拒否感を表わすなど線の太い男性ドラマという点と代診不運が敗因で分析された。
素材が持っている暴力性によりドラマ最初に19才以上視聴等級を受けながら,映画と違った結末を見せるという点で反転もまた話題を集めたが期待ぐらいの成績を上げることができなくて寂しく退場して残念な思いをした。
一方,後続ではイム・ソンハン作家の新作'宝石ピビンパ'が既存MBC週末ドラマ時間より一時間操り上げて,9時45分に放映される予定だ。
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。