--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
08
31

【記事】クァク・キョンテク監督明らかにしたヒョンビン・キム・ミンジュン・ソ・ドヨン・イ・シオン‘友へ’4人衆は?

【記事】クァク・キョンテク監督明らかにしたヒョンビン・キム・ミンジュン・ソ・ドヨン・イ・シオン‘友へ’4人衆は?
[2009-08-31 10:26:46]
200908310952431001_1.jpg
[ニュースエン イ・ミヘ記者]
MBC週末ドラマ‘友へ,私たちの伝説’がびりっとした反転で好評の中に8月30日放映終了をむかえた。
‘友へ,私たちの伝説’は映画‘友へ’を演出したクァク・キョンテク監督がメガホンを捉えた作品で早くも話題になった。
たとえ低い視聴率によってTV申告式は残念だったが,ずば抜けた映像美と劇的反転まで付け加えた作品性だけは重ね重ね広く知られるほどの力作だった。
‘友へ’がドラマ化されるという事実が知られた後から最も期待を集めた部分は‘友へ’ 4人衆に誰がキャスティングされるのかどうかであった。
果たしてクァク・キョンテク監督がチャン・ドンゴン,ユ・オソン,ソ・テファ,チョン・ウンテクの映画の中のフォースを繋ぐほどの幸運の主人公で誰を選択するかが焦眉の関心事になった。
結局‘友へ’ 4人衆はチャン・ドンゴン-ヒョンビン,ユ・オソン-キム・ミンジュン,ソ・テファ-ソ・ドヨン,チョン・ウンテク-イ・シオンで落下点なったし,6ヶ月余りの撮影機間と3ヶ月余りの放送が終わった今、キャスティングは合格点を受けた。
クァク・キョンテク監督の選択が正しいのだ。
それならヒョンビン,キム・ミンジュン,ソ・ドヨン,イ・シオンが見るクァク・キョンテク監督はどうだろうか?
▲‘ドンス’ヒョンビン
クァク・キョンテク監督との作業はヒョンビンに俳優としてさらに成長できる学習と機会を与えた。
その間分からなかった演技ポイントをクァク監督を通じて,新しく悟ったし、これからヒョンビンの演技人生に強固な栄養分になるほどの教えを受けた。
ヒョンビンは事前製作のドラマ撮影条件を100%活用,自身の不足した部分をまた満たしながら‘本当に俳優’と呼ぶことが惜しくなくさせた。
“監督様に本当に感謝する。
私のなまりをいちいち点検する姿を見ながら,こういう方もおられるんだなという気がした。
作品に対するすごい熱情が感じられた。
撮影会場で正しく表現できないなまりは後時録音でまたした。
補充撮影をしている今はむしろさらに易しく釜山なまりで演技をしている。
なまり演技がもう一層気楽で習得する過程もはやくなった”
▲‘ジュンソク’キム・ミンジュン
クァク・キョンテク監督はキム・ミンジュンを置いて‘友へ,私たちの伝説’を通じて,はじめて自分役割をする俳優に新たに出たと話した。
キム・ミンジュンはこれに対して“私が聞くことができる最高の賛辞だ”と話した。
キム・ミンジュンは100%台本に依存しないクァク・キョンテク監督のおかげ(?)で撮影現場で感を育てることができた。
俳優ほどの表現力が優れたクァク・キョンテク監督に直接謝辞受けた演技はおまけだった。
“‘友へ,私たちの伝説’をとりながら,はじめてカメラの前で楽しかった。
それまでカメラ前に立てば‘私が果たして上手にしているのか?’という考えに緊張した。
だがクァク・キョンテク監督という立派なマエストロがいたので私もオーケストラ団員で一段階成長したようだ。
また事前製作ドラマをしながらこのようにふらつくことがないのは初めてだった。
私には本当に最高ドラマだ”
▲‘サンテク’ソ・ドヨン
ソ・ドヨンは‘友へ,私たちの伝説’を通じて俳優として一層成熟したと話した。
事実その間ソ・ドヨンはドラマ‘春のワルツ’を通じて,韓流スターに浮上したが、自身の名を連ねて打ち出すほどの代表作はなかった。
だがもう‘友へ,私たちの伝説’はソ・ドヨンの代表作中の最初に名前を上げるほどの作品になった。
ソ・ドヨンには演技に対する自信を抱かせた忘れることのできないドラマのためだ。
“クァク・キョンテク監督様は本当に良い方だ。
演技の方でもたくさん習ったが、人々対する方法や心遣いも見習うほどであった。
善良な人で,男らしくて,リーダーシップも強いが、反面ひとりひとりみな用意しながら演技の指摘は手厳しくする姿が印象的だった。
また私が分からなかった感情や表情らを一つ一つ引き出して下さる監督様のおかげで、私だけの新しい姿を発見することができた”
▲‘チュンホ’イ・シオン
新人のイ・シオンにクァク・キョンテク監督のラブコールは天が与えられた機会であった。
初めてのドラマでヒョンビン,キム・ミンジュン,ソ・ドヨンと肩を並べることができる方法は全く分からなかったためだ。
だがイ・シオンはとぼけたチュンホ役を完ぺき消化しながら,クァク・キョンテク監督に100%応じた。
そのためだろう。
クァク・キョンテク監督は‘友へ,私たちの伝説’で最も満足なキャスティングでイ・シオンを選ぶこともした。
“とても好んだ作品だと小さい役でも引き受ければ最善を尽くすという考えでオーディションをうけたのにチュンホ役を担うことになる方法は考えもできなかった。
監督様が選んで‘君の口と眉毛を作ったご両親に感謝しろ’とおっしゃった。
私の容貌がキャスティングに一役を買ったようだ。
4次までオーディションを見ながら,私の人生を変えることができる機会という考えに最善を尽くした。
最高の監督と作業した私は幸運児だ”
(写真=左側からヒョンビン,キム・ミンジュン,ソ・ドヨン,イ・シオン)
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。