--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
08
31

【記事】ドラマ'友へ',それは友情向かった復讐であった!

【記事】ドラマ'友へ',それは友情向かった復讐であった!
2009-08-31 11:04:10
'映画と違った結末,ジュンソクはドンスを殺せとしなかったし,むしろ復讐してくれた'…視聴者たち'惜しい感動'
200908310910141111_1.jpg
200908310910141111_2.jpg
200908310910141111_3.jpg
[マイデイリー=キム・ヨンウ記者]
"野郎,生きれる。死なない。生きろ、友よ。必ず生きなければならない"
30日夜MBC週末ドラマ'友へ,私たちの伝説'最終回では映画'友へ'でなかったジュンソク(キム・ミンジュン)が戻って,雨の中に刃物合って死んでいくドンス(ヒョンビン)を握りしめる場面で放送が始まった。
雨の中に散らばった魚がはねて,流れる血液が下水口に流れて行く中で万物スーパーの前でドンスは死んでいった。
逃避2年に控訴時効がいくらも残っていない時点でジュンソクは友人チュンホ(イ・シオン)の弟の刑事チュンギ(チュ・ミンホ)を通じて,自首する。
監房行きの前に最後の食事をしながら,ジュンソクは妻になったジンスク(ワン・ジヘ)と友人チュンホ,そしてチュンギに"夢にドンスを見た。
野郎,俺見て心安らかに持てというんだって"といいながら安心させる。
また"昔は中華屋でチャジャンでなければウドンであったのに,この頃にはチャジャンでなければチャンポンだよ,いつからそのようになったんだ"と無駄な言葉に回すが,ジンスクと子供を置いておいて警察署へ向かう表情は決然とした。
チュンホはジュンソクに面会に来て"今から戦争だ。
頭よく使わなければならない"として友人のために裁判を助ける。
だがジュンソクは友人らの涙ぐましい救出努力を裏切って'私がさせた'と殺害指示'を認める。
'なぜそうしたか'と尋ねる友人にジュンソクは"恥ずかしくなって"して、のちに"恥ずかしくなったのでなく友だちなので"と答える。
ここで反転.
映画にはなかった組織暴力親分サンゴン(イ・ジェヨン)が捕えられて,獄中に入ってきた。
あらかじめ捕えられてきたドンスの部下ウンギ(ソン・アンモ)は"無念な人はいなかったら良いだろう"と改心しながら,検事に殺害指示はジュンソクでなくサンゴンがしたと自白する。
ジュンソクは"本来は胸は刺さないで股だけして傷だけ作れば良い"としたのだ。
殺せとの命令は親分サンゴンがしたのだ。
これを知ったジュンソクはサンゴンの監房シャワー室を訪ねて行ってすさまじく彼を殺害して,面会がないある休日、刑務官の'面会'という話を聞いて,陽光きらびやかな監房の外死刑場へ向かう。
ドラマ'友へ'で映画と違った内容は29日と30日夜の最後の2回に要約された。
結局ジュンソクは相手方組織のドンスを攻撃指示はおろしたが,殺害指示はしたことがなかった。
また攻撃命令直後、ジュンソクはジンスクの"私たちが離れて,絶対何事もなくして"という電話を受けて,ジュンソク(*ドンスのあやまり)を生かしに車を回す。
映画'友へ'で観客らはジュンソク(ユ・オソン)がドンス(チャン・ドンゴン)を殺したとしたもので理解していた。
ユ・オソンは裁判で"私が指示した"としたし,面会来たサンテクとチュンホにも何の話をしなかった。
ドラマは結局ジュンソクが組織の軋轢のために'ハワイ'舌戦を広げる,攻撃指示を与えたし,ただし殺害指示は上部からしたことでして、友人ジュンソクに薄情であるチンピラ世界よりはそれでも友情と人間が残っている'チング'を生かしたもようになった。
さらにドラマ'友へ'はジュンソクが監房で殺人までしながら死んだドンスのために復讐までする。
ドラマは映画のようにまた子役に帰って,エピローグをむかえる。
海 葦畑はドンスとジュンソクは"友達同士申し訳ないことどこにある"といいながら海へ向かう。
二人とも死んで,空で会うという暗示だ。
30日夜最終回視聴率は二つの視聴率機関で5.6%,7.2%が出てきた。
競争ドラマに比べて,顕著に,低い視聴率だが,マニアらは重たい正統ドラマに熱狂した。
なまりが未熟だったし、初め映画に比べて弱く見えた二人の主人公キム・ミンジュンとヒョンビンはますます目つき,表情,セリフなど演技が重厚感を増した。
ついに29,30日放送では映画のユ・オソン,チャン・ドンゴンに負けないくらい変わってきた。
また他の友であるソ・ドヨンとイ・シオンも二人の友人の重心を捉えながら,余白をよく埋めたし,ワン・ジヘ チョン・ユミ,ペ・グリンは息が詰まる男世界に酸素を供給した。
バカ正直にアナログ正統スタイルを繰り広げた'友へ'はそれで中壮年視聴者たちも集めた。
ドラマはすさまじい殺人劇,そして組織暴力世界,利権,政治暗闘などがあらわれたが,後日主人公ジュンソクの妻ジンスクとのサランと、友人ドンスとの友情で結ばれながら美しい感動さえも抱かれた。
血のはねる殺人が最後に二度行われたが,ジュンソクの復讐を見ながら,視聴者たちはましてとても単純なこうした話も自問することになった。
"私たちもあんな友がいるか?"
[写真=死んでいくドンス(ヒョンビン),死刑場へ向かうジュンソク(キム・ミンジュン),監房シャワー室で激闘劇を行うサンゴン(イ・ジェヨン)とジュンソク。]
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。