--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
08
31

【記事】'友へ'ペ・グリン,"一生胸の内に閉じ込めておきたい意味深いドラマであった"

【記事】'友へ'ペ・グリン,"一生胸の内に閉じ込めておきたい意味深いドラマであった"
1_L_1251683606.jpg
MBC TV週末企画ドラマ'友へ,私たちの伝説'のペ・グリンがドラマ放映終了をむかえて格別な所感を伝えた。
当初300対1の競争率を突き抜けて'友へ'に合流したと知らされて話題を集めたペ・グリンは劇中女主人公3人衆のソン・ソンエ役を担って,女子高生時代から人妻まで幅広い年代を消化しながら自然ななまりとこくのある演技で中性的であり,唐突溌剌で愛らしい魅力を誇示した。
新人にふさわしくない上手ななまり演技によって"出生地がどこか"という問い合わせまで降り注いだほど。
時にはタフな,時には愛嬌混ざった,時には無愛想な多様なスタイルのなまりを自然に消化して,視聴者たちから熱い呼応を得た。
特に劇中相手役のチュンホ(イ・シオン)と広げて出した愛らしい'4才カップル'呼吸は劇の活躍素の役割を正確に担当した。
奇襲キス,酔中初夜,妊娠ハプニングをはじめとして,ハッスル踊りで装飾された結婚式などは見る人々に温かさを抱かせたという評価だ。
このドラマのために髪を10cmも切って,振付け人ホン・ヨンジュから3ヶ月の間ダンス特訓を受けるかと思えば,ベースその他特訓まで耐えたペ・グリンは"新人としては過分な配役を引き受けて,さらにがんばる姿を見せるために努力した。
それでもう少しソン・ソンエらしいソン・ソンエの姿が表現されることができたようでうれしい"と話した。
引き続き"この作品は'映像通話完全征服'に出演したCFモデルだけで見なされた私に演技者としての自信を吹き込んだ作品"としながら"時間が流れても一生私の初めての作品として胸に残っているだろう"と付け加えた。
ペ・グリンは特に"クァク・キョンテク監督様との作業は本当に特別な経験だった。
緊張する私を常に配慮しながら指導して下さった"として"クァク監督様は時には惜しまない称賛を,時には厳しい怒号を,時には想像しない感動で演技者ペ・グリンを'かっと'するようにした素敵な監督様"と心を伝えた。
また彼女は"率直に'友へ'とともにした時間が1年を越えた。
今はロケーション場所であった釜山が第2の故郷になったような気持ち"としながら"普通作品が終わればさっぱりしている感じもするんだって,クァク監督様をはじめとして,レインボー3人衆,そしてチング4人衆などスタッフらと別れるという事実を考えるとただ涙が出るほど空しいだけだ。
演技者ペ・グリンがさらに多く成長した後必ずもう一度会えたら良いだろう"と'友へ'のスタッフらに対する愛情を表わした。
10月7日初回放送されるSBS TV水木ドラマ'美男ですね'にサユリ役にキャスティングされて,演技者として休むことない歩みを継続するペ・グリンは"さらに多くの作品で今よりさらに多い大衆とご一緒する俳優になりたい"として"後日レッドカーペットの上に堂々と足を踏み出して主演女優賞をつかむことができるそのような俳優になりたい"としっかりしている所感を伝えた。
一方ペ・グリンは新人女性デュオミスエスの新曲'サランがなんなので'で清純とファムファタルを行き来する破格的な演技変身をお目見えして,関心を集中させている。
どこへ跳ねるかも知れない多彩な魅力によりCF業界からの熱いラブコールも受けている。
(出処:artsnews)
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。