--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
09
02

ヒョンビンインタビュー(毎日経済)

【記事】ヒョンビン,ドラマ'友へ'そのし終えることができなかった話[インタビュー①]
‘ドンス’は俳優ヒョンビンが20代始め,映画‘友へ’を見ながら夢見てきた役割だ。
820万観客が見守ったこの伝説的な話がドラマで作られるといった時,皆‘上手にしても元手’としながら出演を引き止めたがヒョンビンの意志は意地っ張りな程確かだった。
原作映画でドンスを演技した先輩チャン・ドンゴンのオーラでさえぎられるか恐ろしくて,挑戦を止まりたくなかったためだ。
結局ヒョンビンは自身の意地のとおりドラマ‘友へ’を選択したし、年齢にふさわしくない彼の貴重さと馬鹿正直さに引かれて一緒にすることになったというクァク・キョンテク監督の寄り添うのように、憂慮の念が強い周囲の視線にも動揺することがなく、自分だけのドンスを黙々と作り出した。
たとえドラマ‘友へ’が視聴率面で期待ぐらいの結果を得ることはできなかったが映画でし終えることができなかった同数の話を自分だけの色で満たしながら,差別化を成し遂げるのに成功した。
image_readtop_2009_461962_1251851805190603.jpg

=映画とは違った結末で終わりにした‘友へ’が放映終了した。
感慨が格別なようなんだけど。
●ドラマ‘友へ’が事前製作されたので、以前の作品よりもう少し余裕があるように放送を視聴できて良かったのに、私やはり最終回,おもしろく視聴した。(笑い)事実映画‘友へ’と異なる結末のためにドラマ撮影が皆終わった以後結末の部分を追加撮影したのだが該当分量に対してはわざと台本をあらかじめ見なかった。
そのためか私もまた最終回を視聴しながら気になってときめく気持ちで見守ったようだ。

=クァク・キョンテク監督様が視聴率に対する物足りなさのためなのか突然断髪をして,周囲を驚かせられたりもしたがそれでも補充撮影まで敢行しながら,完成度により一層精魂を込める熱情を見ながら,俳優らやはり信頼が堅固になっただろう。
●率直に初放送を皆一緒に見た時には雰囲気が本当に良かった。
‘大当たり’としながらあちこちかかってくる電話を受けるのに考える余裕もなかった程。
ところで翌日視聴率結果をごらんになって監督様がちょっとダウンされられた。
クォリティーある作品を作り出すために6ヶ月間死ぬほど苦労しながらとったのに多い人々が見なくて気に障られたようだ。
事実'友へ'は私の作品というものを離れて,私やはり期待が大きかったドラマだ。
皆とても熱心にとったりもしたし、他のドラマとは違い映画のように現場編集ということがあって,モニターを少しずつ覗いて見れば完成作に対する気がかりなことが大きくなる程現場結果が良かったので。
とにかく監督様も後日には考えがちょっと変わられたようだ。
他の時間帯に編成されたとすればどうだっただろうかと思って、あれこれ物足りなさもあったようだがそれでもドラマの完成度のために補充撮影を敢行されたので。
結局監督様のそのような熱情を視聴率という数字が勝ち抜けなかったんだろう。
image_readmed_2009_461962_1251851805190604.jpg

=ヒョンビン氏の場合も‘上手にしても元手’という周囲の引き止めがあったが‘友へ’という作品,ドンスという人物を最後まで放さなくて最善を尽くして駆け付けたのでそれなりの成就感も大きいようだ。
●そうだ。
ドンスは20代始め映画‘友へ’を見ながら夢見てきた役であったから。
この作品がドラマで作られるという話を聞いた時,欲を持つようになること,自然なことじゃなかったか?それでクァク・キョンテク監督様,(チャン)ドンゴン兄と酒の席を持つようになった時,シノプシスも見ない状態だったが"必ず出演したい"という意を伝えていた。
もちろんドンゴン兄と現場マネジャーを除けば皆‘上手にしても元手’としながら引き止めただろう。
だがすべての人が反対する作品であったとしても私はドンスの役割を必ずしたことだ。
またしろといっても同じ選択をしたことで、今でも上手な選択だと考える。
=インタビュー当時クォン・サンウ氏も映画‘友へ’がドラマで作られるという話を聞いた時とてもやってみたいといったよ。
●そうでしたか?監督様や‘友へ’という作品自らの魅力があまりにも大きいから。
何より男俳優ならば,こういうキャラクターや作品に対するロマンが皆あるだろう。
私もやはり同じで,

=ヒョンビン氏が演技したドンス,友人の信頼を裏切って、義理を破った人物に描かれた映画の中のドンスと差別化に成功したという気がする。
どうしてもドラマ‘友へ’が映画原作を土台に映画でし終えることができなかった話を描くのに重点を置いただけに、ドンスの純情なメローや隠されたヒストリー,彼が数年間そのように変化するほかはなかった理由らを十分に見せたので男たちの友情というクァク・キョンテク監督様のファンタジーもより一層強固になったし。
●映画の中のドンスが、ドラマの中のドンスよりはるかに強い部分があったりした。
映画という媒体の特性上もう少しインパクトあるように圧縮されて描かれるほかはなかったから。
だが20部作ドラマは違うのではないか?ひとまず分量的に話を豊かに解いていくことができる余裕がある。
おかげで人物を見せる時ももう少し立体的で深く入ることが可能になることだね。
ドラマバージョン‘友へ’で映画に登場しないジンスクとのメローライン強化は、もちろんドンスがそのような選択と行動をするほかはなかった前後状況らを一緒に見せると彼の人間的な面がさらに多くにじみ出ることになったことで。
回ごとに登場したドンスのナレーションも同様だ。
ドンスの心境をもう少し直接的な方式で伝達できるまた他の通路になったことであるが、おかげでドンスという人物に対する視聴者たちの感情移入がもう少し易しくなっただろう。
掲示板を見てもドンスは監督様がそのように話された凄然さというか?何をしても苦しい状況に置かれる人物だったせいで、かわいそうな奴とし惜しまれる方々が多かった。
実際私が演技する時もそのような気がしたし。
何より個人的に感謝したのはこのようにドラマ‘ドンス’を違うように見てくだされる方々がおられるということ。

=ドンスというキャラクターを演技しながら,実際ヒョンビンの間接点を探したりもしたか?
●1人の女性に一片丹心であること,仕事をする時,勝負欲が強いのは似ている。
もちろん私は愛する人ができた時,間接的に心を伝えるドンスとは違い、率直に話すほうだけれど。
一滴の部分でもそうだ。
一つをすると決心すれば他の所に視線一度与えなくてそれ一つだけ見て走って行くスタイルだ。
一言でドンスのように負けないために,後悔しないために最善を尽くすのに、それで作品のために私的な部分を果敢にあきらめたりもする。
もしかしたら仕事とサランを併行することちょっと難しい性格であることもあるので、私をもう少し配慮する賢明でセンスある女が理想なのもそのためであって。
image_readbot_2009_461962_1251851806190605.jpg

=近くで見守った知人は‘友へ’を見てどんな話をしてくれるか?(笑い)
● (ソン)へギョはモニターをしながら,ドラマが完成度もあっておもしろいとし,私も素敵によく出てきたようだと言ったよ。

=クァク・キョンテク監督様が撮影前青春物でない線飢えたノワールに似合うヒョンビン氏だけのぴったり合う各を発見されたと自信を持たれたりもしたのに、確かにヒョンビンという俳優が以前には使わなかった多様な顔筋肉を活用して,キャラクターのイメージを作り出したこと,新しく感じられたよ。
●今度は本当に筋肉という言葉を使うほかはないのに、監督様が話す時,額シワや眉間の間シワ,目を開く方法や口の下で使う筋肉など以前に私が使ってみなかった筋肉らを使うことを願われた。
このためにリーディングの時からじわじわ練習していったのだが、監督様と離れてリーディングする場所にモニターとカメラを設置しておいて、台本だけ読むのではなく監督様が注文する部分の表情練習を共にした。
おかげで私もたくさん習った。
分からなかった筋肉も知ることになったし、以前と違った方法で表現するのも体得することになったので。
何より今回の作品にこうした結果をみな表わすことができなかったとしても時間が過ぎた後,他の作品で'私が今その時習ったことを使うんだな'感じることができる瞬間がくるようだ。

=個人的に特別に愛着がある場面があるか?
●ドンスが最後の刃物にさされて死ぬ場面.
その場面が一番記憶に残る。
個人的にとても好む場面であって。
そのシーンを撮影する時,背景が暗くなければならなかったので4日間雨に降られながら,明け方から日が昇る前までとても苦労しながら大変にとったのに、実際放送では編集が短くなったようで少し惜しいことはした。(笑い)

=今回の作品をしながら酒は減ってタバコは増えたと?
●組織暴力団特有のハスキーな声を作るために切ったタバコをまた吸ったのにおかげで以前よりタバコ吸う量が増えた。
代わりに酒実力は非常に減ったのに'友へ'を準備しながら,からだを作らなければならなかったので6~7ヶ月間会食の席を除いた酒の席を避けたせいであるようだ。
ところで監督様があまりにも酒がお好きだから俳優らが参加をたくさんして差し上げれないで空しかったことだ。(笑い).
image__2009_461962_1251851806190606.jpg

=(イム)ジュファン氏が男は30才を越えてで俳優になってもかまわないというヒョンビン氏の話を聞いて、その時までどんな道を選択して準備して行くことであるか貴重な悩みになったといったよ。
●私がまだ助言する位置もならなくて本来助言のようなことよくしないスタイルなのに、恐らくその時した話はパク・チュンフン先輩が私に“男は30才を越えてで俳優になってもかまわないから20代にはスター性を楽しみなさい”というお言葉と一緒にして下さった助言らをジュファンに伝達したようだ。
20代俳優がいくら演技が上手だとしても、経験が多い30代俳優のオーラとエネルギーを越えることにはならないので、現在上手に出来て格好よく出てくることができるキャラクターを演技しながら,スター性を十分に減らせるある程度経験が積もった30代になった時,願うものに挑戦しろとの意味でしてくれた話だったよ。

=ヒョンビン氏もそれに対する悩みをしたか?
●もちろんだ。
こうした悩みは今でも続いていて。
現在私の姿を見てもそうなのではないか?パク・チュンフン先輩がおっしゃったその道と100%のような道を行っていないことだが、率直に‘私は幸せです’も私が上手に出来る作品ではなかった。
だが、やりたくて魅かれる心が大きかったので欲を出したことだろう。
‘クサセ’,‘友へ’も同じだ。
皆演技的な欲が先立って選択した作品らだった。
結局スター性よりは演技の側に欲が先にできたようだが、それでも今私にその二つの道中どちら側に行くか尋ねるならば明確な答を内診できないことだ。
いや二匹のウサギをみな捉えたい心情というものが合うだろう。

【記事】ヒョンビン,彼が明らかにした20代の仕事とサラン[インタビュー②]
‘ドンス’は俳優ヒョンビンが20代始め,映画‘友へ’を見ながら夢見てきた役割だ。
820万観客が見守ったこの伝説的な話がドラマで作られるといった時,皆‘上手にしても元手’としながら出演を引き止めたがヒョンビンの意志は意地っ張りな程確かだった。
原作映画でドンスを演技した先輩チャン・ドンゴンのオーラでさえぎられるか恐ろしくて,挑戦を止まりたくなかったためだ。
結局ヒョンビンは自身の意地のとおりドラマ‘友へ’を選択したし、年齢にふさわしくない彼の貴重さと馬鹿正直さに引かれて一緒にすることになったというクァク・キョンテク監督の寄り添うのように、憂慮の念が強い周囲の視線にも動揺することがなく、自分だけのドンスを黙々と作り出した。
たとえドラマ‘友へ’が視聴率面で期待ぐらいの結果を得ることはできなかったが映画でし終えることができなかったドンスの話を自分だけの色で満たしながら,差別化を成し遂げるのに成功した。
image_readtop_2009_461961_1251850578190607.jpg

-事実放映前までも企画や俳優-スタッフ陣の面々を見た時、‘クサセ’や‘友へ’皆高い視聴率が予想される期待作ではないか?
●それで私はいつもこのように考える。
商業性はすべての作品中にあると。
多くの方らが見てくだされば商業的な映画になって商業的なドラマになることだが,多くの方らが見なければマニアドラマや興行に失敗した映画になることだ。
‘クサセ’や‘友へ’もおっしゃったように商業性が多い作品だと考えたが、結局視聴率が高くなくてそのまま良い作品に残ったことと。
それでも商業的には成功したのに作品は良くないとの話聞くことより、よく作った作品,良い作品という話を先に聞くことが個人的にはより良い。(笑い)

-二作品皆視聴率が期待ぐらい高いことはなくても俳優らが持っていく何かが明らかにある作品らであったから。
パク・ヒスン氏もドラマだが‘クサセ’のような作品は本当に欲が出るといったよ。
ひとことで恋愛マスターたちが認めた作品らだったんだろう。(笑い)
●恋愛マスターたちだけ認めるんです。(笑い)

-とにかく‘クサセ’-‘友へ’-‘私は幸せです’に続くフィルモは演技派俳優に成長できる跳躍期に置かれたヒョンビンの3部作シリーズと呼んでも支障がないようだ。(笑い)
●どんな段階らを計算しながら,作品を選択してはいないのにそのようになるといったら...(笑い)事実‘私は幸せです’というまだ封切りをできなかったのにこの作品を見てどのような反応らが出てくるかも非常に気になる。
ご覧になってご存知であるだろうが、映画がちょっと重くて沈鬱だ。
私の両親もご覧になって、ある間言葉がなかった。
ところで私にはこの映画が色々な面で意味も深くて愛着がある作品だ。
この映画を通じて,演技もたくさん習ったし、私を振り返ってみることができる時間も得ることになったので。
image_readmed_2009_461961_1251850578190608.jpg

-クァク・キョンテク監督様もヒョンビンという人の馬鹿正直さが気に入られたといったのだが、俳優としていつも貴重で真剣な姿は大きい長所だ,ただし20代青年として自然であるヒョンビンの姿はよくあらわれない方なのに、ファンたちの立場ではこうした情報をさらに共有したい欲もあることだ。
●私の日常の半径が狭いことではある。
移動経路が決まっているだろう。
ジム,撮影会場,‘友へ’製作会社の眞人事事務室,ご飯食べに通う食堂.
そちら以外に私の個人時間が出て、この半径らがちょっと苦しいと感じる時出てくる行動なのにマネジャーらと選んだりビリヤードも行ってそうしたようだ。
事実この仕事を選択して名前が知られた後から私的な部分はある程度あきらめて、私の日常の半径も狭めておいた部分があることは一ケ所それが良くないのか?どのみち大衆が願う全てのものを、私がみな充足させて差し上げることにはならないことなのではないか?何より私が感じるに、俳優という人が路上でもしばしば見かけることができて、日常的なある空間さえ行って会えるならばTVに出てきた時,格別魅力がないように見えるようだ。
それで一部でお見せしたくはないよ。
人々を3-4度の外で会うこと、二回だけ外で会って残りは中で会おうとするのもそれがこの仕事に正しいようだと考えるためだろう。
とにかく私が30代になれば大衆のこうした期待や要求もちょっと減らないだろうか?

-そうだな。
大衆のこうした好奇心が減ろうとするなら、4-50代はならなければならなくないだろうか?(笑い)とにかくそのように自身をとても閉じ込めておくこと,個人史で見る時は物足りなさが大きくないだろうか?
●後ほど考えれば惜しいと思うことではある。
後悔するのを嫌いで,後悔したくないが、また今はこれが正しいと考えるとこのように行くことであるが、それでも私の20代をよく送っていることなのか悩むことになったりもするだろう。
まだ幸いなのは性格的に外向的なスタイルだったら、このように生活したこと後悔したり耐えられなかったはずなのに、あまりにも内省的な性格だと見え、人々が多いよりいないのを好んで騒々しいところより静かなところを,クラブ行って遊ぶことより仲むつまじく話すことがより良いから耐えるくらいはする。(笑い)もちろん私だって同じ年頃らの同時代文化をとても無視しながら,生きるということではないか心配になって‘私もう出てって遊びます。
後処理して下さい’と事務室に話をしてクラブに行ってみようとしたこともあるのだが、慣れたことではないためなのか試み自体もできなく見えて帰って来た。
それでクラブ行った記憶は撮影の時と外国に出て行った時を除けば一度もない。
image_readbot_2009_461961_1251850578190609.jpg

-それでは‘友へ’以後休息期も静かに送るつもりだ。
●そうするようだ。
特別に何してこういうのを好きではなくて。(笑い)もちろん運動をするのは今まで落ちた体力補充のためのもので。
それよりは今回の作品をしながら、友人に対して考え直すことになったのだがそのためか中高等学校の時友人らにまた会いたくなった。
その友人らは幼かった時から共につるみながら,各自の内部事情や個人的な悩みをとてもよく知って過ごした間なのに、この仕事をすることになりながら,また年ごろになりながら,交流が減ってますます遠ざかったようで、今回。
休息期の間その友人らに一度会うつもりだ。
お互いに積もった誤解があるならば解くという話だ。

-‘友へ’が友情というファンタジーで仕上げされた作品であったから。(笑い)ところで演技しながらキャラクターや作品の余震が長引くほうなのか?
●そうではない。
私は憂鬱で苦しいキャラクターを演技したからと、自分自身が憂鬱になりはしない。
もちろん私が演技したキャラクターの跡が私も分からない間に私の中のどこかしらに残っていることもありうるだろうが。
率直に今ドンスキャラクターで最も被害(?)見ているのは目つきなのに、広告撮影をしてある瞬間前職ボクサー出身ごろつきのドンスの鋭い目つきが出てきて撮影が中断される時が多い。(笑い)事実動画でも写真を撮る時,目を解こうと努力をよくするのにもNGがずっと出る。
カメラが回らない休み時間にはもっとする。
冗談のように周辺で誰を殺しそうな目だといってしたよ。(笑い)

-そのように見れば‘私は幸せです’のように感情的難易度が高いキャラクターに会った時,その跡がヒョンビン氏の中にさらに強く残っていなかったか?
●その時は本当に諸々の考えらがとても多くて大変だっただろう。
‘私は幸せなのか’から出発して,今上手にしているのか,この仕事を辞めなければならないのか,でなければこの仕事をもっとしなければならないのか,起こるだけのことはなければならないが等々五万種類の考えをその質問一つにほうっておいて悩んだようだ。
頭の中がたくさん複雑だっただろう。
もちろんそのような時間らのおかげで今は一層豊かになったが。
image__2009_461961_1251850579190610.jpg

=それなら'友へ‘という作品を通じて,ヒョンビンという俳優が得たことは何か?
●まず私の演技に対する評価や反応に接することができる通路が多くなくてよく分からないが、ドラマ掲示板に上がってきた文等を見れば私がドンスの役割を上手に出来ているのか憂慮する方々がおられたようだ。
もちろんドラマが回を繰り返すほど良く見る文等が多くなってうれしかったのだが、重要なのはその方らに100%満足ではなかったとしても、ヒョンビンという俳優がこういうものもできる奴だということを生じさせて差し上げる機会になったとすれば満足するようだ。
何より‘友へ’を通じて,学び得たこと,どうしても'人'のようだ。
とても良い人々と仕事をすることになってうれしかったし、良い思い出であったし、楽しい作業だった。
私に‘友へ’は忘れることのできない作品になるだろう.

=最後に‘友へ’以後の計画があれば聞かせてくれ。
●昨年からドラマと映画をひきつづき撮って気が落ちたので、しばらく休息がちょっと必要なようだ。
この頃はぐんぐん勉強に対する欲もできて。
大学1学年以後から演技生活にまい進するのに友人らも作れないで、勉強も欲心のかぎりにすることができなかったのだが、これから演劇や映画の面を勉強をしておけば後ほど役に立つようだ。
次期作計画?まだ具体的に話すことができるのはないのだが、今までそのようにしてきたように今後もしてみなかったものなどに挑戦するつもりだ。
(出処:매일경제)
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。