--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
09
09

【記事】ソ・ドヨン,バリスタを夢見る!

varistor[(000621)01-57-31]
【記事】ソ・ドヨン,バリスタを夢見る!
ドラマ<友へ,私たちの伝説>撮影を終えた俳優ソ・ドヨンがしばらく余裕を持ってほのかなコーヒー香り漂う男に変身した。
作る人により味と香りが変わるドリップコーヒーを彼がおとせば果たしてどんな味であろうか?
<記事提供:インスタイル9月号>
[製作:m&b映像製作チーム イム・ヒソクPD]
(出処:joinstv)

InStyle koreaのHPで見れる動画はこちら

エスプレッソとかキャラメルマキアートがお好きなのね~
甘い味のするような人生を、、ふふっ。
オモッ!会社でつくった野球チームにも入ってるんだぁ~。
ってことは、いつかは始球式を
彫刻(?)が得意だっただけにコーヒーアートも器用ですねー
varistor[(002774)01-59-20]
コーヒーは人生ですか!?
それだけに努力して深みのある人間になるって、ステキですね~

Coffee, Tea or Me?
200909_starportfolio02_img01.jpg
200909_starportfolio02_img02.jpg
200909_starportfolio02_img03.jpg
200909_starportfolio02_img04.jpg
200909_starportfolio02_img05.jpg

ドラマ<友へ,私たちの伝説>撮影を終えた俳優ソ・ドヨンがしばらく余裕を持ってほのかなコーヒー香り漂う男に変身した。
作る人により味と香りが変わるドリップコーヒーを彼がおとせば果たしてどんな味であろうか?
コーヒー豆を炒る香りがカフェの中を抜け出して,三清洞の通りまで広がった。
奥ゆかしいコーヒー香りの根源地には好奇心いっぱいである目で用心深く原豆を振っているソ・ドヨンがいる。
“香りが本当に良いですけどね?すべてのコーヒーをおとす方法の開始はこのように生豆をロースティング機で炒めることだよ。
コーヒーの味を左右する最初関門であるわけです。”バリスタの助けを受けて,ドリップコーヒーの世界に目を開いた彼がいつのまにもっともらしく格好つけて豆を食べてみる。
“コーヒーは一日に2~3杯飲むようです。
この前家の前に原豆コーヒー専門店ができたのにメニューを見るとケニア,ブラジル,タンザニアなど生産地が本当に多様だったんですよ。
この頃少しずつ原豆コーヒーを知っていく面白味に陥っているとのことです。”
editor:イ・ジヒョン
(出処:InStyle korea)

詳しくはInStyle9月号でご確認を~♪
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。