--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
09
11

【記事】ペ・グリン“そのように扇情的でしょうか?”論議騒々しいミスエスムービー出演なぜ?(インタビュー)

【記事】ペ・グリン“そのように扇情的でしょうか?”論議騒々しいミスエスムービー出演なぜ?(インタビュー)
ニュースエン原文記事転送2009-09-10 11:16
200909101015441001_1.jpg
200909101015441001_2.jpg
[ニュースエン文イ・ミヘ記者/写真チ・ヒョンジュン記者]
“正しい選択でなくても間違ったと考えてない”
俳優ペ・グリンが破格的な選択をした。
MBC週末ドラマ‘友へ,私たちの伝説’で気さくなソン・ソンエ役を担って目を引いたペ・グリンは新人女性デュオ ミスエス‘サランがなんなので’ミュージックビデオで濃い化粧をしてサランが冷めたボーイフレンドを殺す演技をお目見えした。
‘サランがなんなので’ミュージックビデオは男が躊躇する女服の中に手を差し込む場面,女が男を殺して乗っている場面,女が彫刻刀,同上で男を攻撃する場面が扇情性,暴力性にまきこまれながら,地上波TVはもちろんでケーブル チャンネルでも審議が返還された。
だからだろうか?ペ・グリン所属会社では初めて‘サランがなんなので’ミュージックビデオ出演を考査したと。
だがペ・グリンはコンテを見て,ミュージックビデオを演出したパク・ギョンジン監督を直接会った後出演に固執して,ついにノーギャランティーで撮影を終えた。
いったいペ・グリンは何の考えであったか?
▲ “ミュージックビデオ,そのように扇情的でしょうか?”
ペ・グリンは‘どのようにミュージックビデオに出演したか?’と尋ねるやむしろ“そのように扇情的でしょうか?”と反問した。
今年年齢二十歳,大胆なこのお嬢さんにミュージックビデオはただ演技だっただけ,扇情性と暴力性は全く問題にならないこと。
ペ・グリンはむしろ新しい経験だったと楽しいように話した。
“一番最初に代表様が扇情的だと断りました。
だがミュージックビデオを必ず一度してみたくて,考査する前にコンテでも一度見たいと申し上げました。
コンテを見るから破格的でもあり,色々な想像をすることになりましたよ。
ノーギャランティーだが,必ずとりたいという気がしました”
ペ・グリンはこのままのがしたくないという考えにミュージックビデオを演出したパク・ギョンジン監督を直接会いに行った。
コンテに対して話を交わしながら,今まで一度もしてみられなかった多様な姿を見せることができるという考えに出演に固執したし,結局ペ・グリンは初めてのミュージックビデオから熱い話題を産んでいる。
▲ “私を捨てようとする男,当然背信感じます”
それならペ・グリンが考えるサランとは?女はサランが冷めてしまったボーイフレンドを衝動的に殺害して,だが相変らずその男に対するサランは捨てられなかったし,その女の時間は男を殺した午後4時にそのまま滞っている。
ペ・グリンは果たしてその女の感情に対してどれくらい理解しているだろうか?
“当然背信感を持つでしょう。
パク監督様と多くの話をしながら私を捨てるということに当然殺さなければならないと話されて、もちろん全て100%理解できないです。
まだサラン経験が多くなくて嫌ならば嫌だということであって、殺す必要まであるだろうか?という考えになります。
まだ適当なサランが良いことのようです”
ペ・グリンは自身が経験することが出来ないサランを表現するために数えきれない程想像しなければならなかった。
ミュージックビデオ撮影一週間前からその女の感情と状況を夜通し想像しながら,感情線をつかんでいった。
結局明け方4時に始めた撮影を夜が白く漏れるようにずっと24時間とったあげくミュージックビデオが誕生した。
▲ “ミュージックビデオはミュージックビデオであるだけ”
ペ・グリンはミスエスミュージックビデオがこのように論議の的になるとは思わなかったと。
だが自身が直接選択したミュージックビデオだから決して後悔はしないと明らかにした。
ペ・グリンはたとえ正しい選択だと話す訳には行かないが、間違いはしなかったとしながらそのままあんな姿もあったりと見てくれたら良いと話した。
“ミュージックビデオはミュージックビデオであるだけです。
それが本当に私の姿だと考えれば誤算です。
普段にはドラマ台本リーディングと,風に当たりに通うのが私の見た姿です。
趣味は釣りです。
この前には明智山(ミョンジサン)に釣りに行ってナマズを7匹も捉えました”
まだひたすら明るい二十歳少女ペ・グリン.
ミュージックビデオを見る時,扇情的で暴力的な部分よりはその中に含まれたサランも見てくれたら良いと用心深く風を打ち明けた。
ドラマ‘友へ,私たちの伝説’でミュージックビデオ‘サランがなんなので’まで演技変身をしているペ・グリンは10月始まるSBS水木ドラマ‘美男ですね’でアイドル ファンクラブ熱血会長に扮して,また違う演技)をお目見えすることになる。


たしかにあのMVはちょっと扇情的だったけど、幅広い演技をしていくのにまた一つ扉を開けたね。
ペ・グリンちゃん、未知数
Lady Gagaみたいな髪の毛でリボン、どうやってやるのかな~。
ペ・グリンちゃんは地毛じゃないよね、コレ。
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。