--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
09
23

【記事】美術館で映画に会う PIFF控えて画廊で映画関連展示会洪水

【記事】美術館で映画に会う
PIFF控えて画廊で映画関連展示会洪水

李相憲記者
20090922000096_0.jpg
クァク・キョンテク監督がドラマで演出した'友へ-私たちの伝説'で久しぶりにまた会ったドンス(ヒョンビン)とウンジ(チョン・ユミ)が画廊を訪れて対話をする場面が出てくる。
その場面は釜山(プサン),金井区(クムジョング),久瑞洞(クソドン)にあるソウルアートスペースで撮影された。
その時関わっていた絵がキム・ユンジョンの作品だった。
新生児室の赤ん坊を描いたキム・ユンジョンの絵はドンスの幼い時期を回想する場面と合致したんです。
★'レッドカーペットを踏む'展
スチール写真・小物など30点余り注目
★'映画meet美術'展
感動的瞬間・人物新しく解釈
★'フランス映画の粋と香り'展
国内上映ポスター・ビラ展示
★釜山国際ビデオ フェスティバル
疎外された映像美術活性化注目
翌月8日から開かれる釜山国際映画祭を控えて美術館と画廊で映画と美術の出逢いを周旋する展示らが列をなす。
来る24日から10月13日までソウルアートスペースで開かれる'レッドカーペットを踏む'展.
映画スチール写真から映画の背景になったり小物で登場した作品30点余りを選んだ。
チョン・スイル監督の独立映画'ヒマラヤ-風が留まる所'製作スタッフと共にヒマラヤを訪れた写真作家キム・ヨンシルの叙情的ながらも荒涼な自然と人を入れたスチール写真,映画'色界'の背景になった中国,上海フィルム スタジオでとったキム・ドンウクの写真,ドラマ'インスンは可愛い'の背景作品で使われたチョン・ミョンファの絵,劇場を主題で持続的な作業をしている秋意性の絵,ドラマ'友へ'に小物で登場したキム・ユンジョン、チェドゥクィの作品などだ。
特別イベントで24日午後6時短編映画を上映する。
10月7日から10月31日まで水営区(スヨング),広安洞(クヮンアンドン)都市ギャラリーで'映画meet美術'移転開かれる。
映画の中の感動的な瞬間や人物を新しく解釈した作品らだ。
人物の特性で捜し出した独特の素材を使う移動材は豆を材料でミスターウィーンを作って,クリスタルでジェームズ・ディーンを形状化した。
反復的な紋作業をするイ・チュングンは映画'マド'の主人公キム・ヘジャの泣き叫ぶ肖像をパターンで作った。
ホン・ギョンテク,チ・ソクチョル,イ・ソクジュ,イ・シウも作品を出す。
10月10日から25日まで釜山市立美術館1階ロビーでは釜山フランス文化院主催で'フランス映画の粋と香り'展が開かれる。
1938年上映されたチュルリアン デュヴィヴィエ監督の'舞踏会の手帖'から2008年まで国内で上映されたフランス映画ポスター,ビラなどが展示される。
ホン・ヨンチョル韓国映画資料研究院長が所蔵していた資料らだ。
10月10日から18日まで代案空間蛍が主催する'第6回釜山国際ビデオ フェスティバル'は映画というジャンルと最も似たが疎外されてきた映像美術の活性化のための企画だ。
開幕上映は10日視聴者メディアセンターで,定期上映は11日から18日まで代案空間蛍で開かれる。
インターネット公募を通じて選ばれた国内作家らの作品15点と外国作家作品20点ほどを上映する予定だ。
10月6日から18日まで海雲台バナナロングギャラリー'movie.art.shop'展を開く。
(出処:釜山日報)


ついつい食欲の秋に走っているけれど、芸術の秋もきてるのねぇ~
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。