--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
10
07

【記事】ヒョンビン・イ・ボヨン主演‘私は幸せです’遅れた封切りなぜ?

【記事】ヒョンビン・イ・ボヨン主演‘私は幸せです’遅れた封切りなぜ?
JES |キム・イング記者| 2009.10.06 10:23入力
htm_200910061021020107000001070100-001.jpg
ヒョンビン・イ・ボヨン主演映画'私は幸せです'(SSUストーム,ユン・ジョンチャン監督)が昨年釜山映画祭閉幕作で上映された後1年ぶりに遅れて封切る。
昨年末封切りが予想されたがこのように遅れたのは観覧等級のためだった。
製作会社は'15才観覧可'を予想したが'青少年観覧不可'判定が出てきながら,支障が醸し出した。
製作会社は映像物等級委員会に再審議を要請したが去る1月やはり'青少年観覧不可'判定を受けた。
製作会社は今後再審議のために数ヶ月ぶらさがったが結局'原案のとおり' 11月封切ることになった。
映像物等級委員会側は6日"私債業者の暴力と悪口,非倫理的場面など主題および内容の理解度の側面を考慮する時,青少年観覧不可が適切だ"と明らかにした。
'私は幸せです'という誇大妄想症で精神病棟に入院したマンス(ヒョンビン)と彼を担当する看護師スヨン(イ・ボヨン)のサランの話だ。
イ・チォンジュンの短編小説'早晩得種'を脚色した作品だ。
イ・ボヨンの所属会社側は"昨年釜山映画祭で好評を受けたが永らく封切りできなくて,製作会社はもちろん俳優らも気苦労を体験した。
遅れるけれど光を見ることになり幸運"と話した。
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。