--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
10
13

【記事】[釜山を訪れた名監督③]クァク・キョンテク監督"大作プロジェクト準備中,期待してくれ"(インタビュー)

【記事】[釜山を訪れた名監督③]クァク・キョンテク監督"大作プロジェクト準備中,期待してくれ"(インタビュー)
アジア経済|ファン・ヨンヒ|入力2009.10.12 09:46 |修正2009.10.12 09:50
[釜山=アジア経済ファン・ヨンヒ リラックストーク]
'釜山が産んだスター監督'クァク・キョンテクに11日釜山で会った。
釜山国際映画祭執行委員資格で釜山を訪れたクァク監督はアジア経済新聞とのインタビューで"まだ明らかにする段階ではないが大作映画を準備している。
具体化されれば明らかにする"と暗示した後"その間会社(眞人事フィルム)ではドラマ'友へ'の日本輸出を決着させていて,放送会社と手を握って成功した経済人らを中心にしたドキュメンタリープロジェクトを完成させるだろう"と明らかにした。
20091012095019941.jpg
クァク監督が準備している'大作プロジェクト'には眞人事フィルムをはじめ,日本,中国など海外有数の映画会社や投資社らが一緒にする。
クァク監督の大きくて荘厳な演出スタイルが中国などに知られながら,中国関係者たちが関心を持つところに,日本側でもプロジェクト参加を望んでいるためだ。
"本来大作プロジェクトは多い時間が必要とされます。
まだ生半可に申し上げることは大変だが世の中がびっくりするほどの立派な映画を作ってみるつもりです。"
クァク監督は自身の会社の眞人事フィルムがしている'ドキュメンタリープロジェクト'にも大きい関心を持っている。
"この頃は経済戦争としても過言ではなくないですか?困難の中でも屈せず会社を導いて,収益を出して,コリアの名前を世界に知らせる優秀の経済人らをドキュメンタリー化したいです。
恐らく迫力感あふれる画面構成と音楽が経済コンテンツとソにつながるならば本当に素敵な映像物になるでしょう。"
クァク監督は"また他の映像プロジェクトも眞人事フィルムが準備している"として"急報この,テコンドーなど韓国が宗主国の多様なコンテンツらを派手な映像と結合させたプロジェクトになるだろう"と話した。
彼は最近自身が演出したドラマ'友へ'に対して多い物足りなさを持っている。
大きい努力と多いお金を投じたのにかかわらず,視聴率に足首が縛られて,正しく待遇されないようだという考えのためだ。
"押し合いする韓国相撲の四つに組んだ戦いが大変でした。
まさか'友へ'でだが良い条件を渡すだろうする漠然とした自尊心が意外な結果を産んだことでしょう。
ビジネス的な側面を無視した私の誤りも大きいです。
それでも作品の真正性を正しく理解された多い視聴者たちにこの時間を借りて感謝申し上げたいです。"
この頃も多い人々が'友へ'と関連した多様なコンテンツらを準備しているという話を聞く時ごとにクァク監督は満たされる。
"今は私が直接関与しはしない考えです。
私は私の本業の映画に専念しなければならないですね。
代わりにそばで手伝ってあげるつもりです。
良いコンテンツが多様な形態で分化していくのは大衆文化の質を一段階高めるのに決定的な役割をしますね。"
それでもドラマ演出をやめるという意ではないという。
映画で良いコンテンツができるようになるならばまたドラマで作られるのは当然だということが彼の考えだ。
クァク監督と釜山国際映画祭との縁は彼のデビュー時代まで上がる。
13年前2回の時彼のデビュー作の'オクスタン'がオープンシネマで上映されたこと。
また1回には短編映画を出品することもした。
"私が故郷が釜山という点もあるが釜山国際映画祭は私に大きい力と勇気を与えた行事です。
序盤ムン・ジョンス市長など良いメンバーらが最善を尽くしたのが立派な祝祭の軸になったし,以後推進勢力らがマンネリズムに抜けなくて熱心に努力したのが今日完ぺきな映画祭に導いた原動力になったようです。"
彼はインタビュー中にも多い釜山の人々の挨拶を受けるのに余念なかった。
恐らく最近釜山民放'郷土愛関連プロジェクト'に参加したのがクァク監督をより大衆化させたようだということが周辺の人々の考えだ。
'釜山男'クァク・キョンテク.
彼とともにある釜山国際映画祭は無限の可能性と世界最高に向かって走る進取的な人生のメッセンジャーであった。
彼がみた釜山国際映画祭は'夢と希望'だった。
20091012095019993.jpg


クァク・キョンテク監督@PIFF2009
ビシっとスーツをお召しになってますね~
P0000004_04[H585-]
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。