--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
10
22

【記事】ソン・ヘギョの男ヒョンビン,イ・ボヨンと演技呼吸"患者と看護師で"

この記事置き忘れたまんまだった。。。

【記事】ソン・ヘギョの男ヒョンビン,イ・ボヨンと演技呼吸"患者と看護師で"
入力時間:2009-10-15 10:41:58
ystar20091015_iamhappy_interview.jpg
[アンカーコメント]
ソン・ヘギョの男,ヒョンビンが久しぶりにスクリーンに戻りました。
映画'私は幸せです'を通じて,また他の変身を見せるヒョンビン.
そして彼とともに演技呼吸を合わせたきれいな彼女,イ・ボヨン!
二人と共にしたポスター撮影現場をY-STARカメラが入ってきました。
[リポート]
昨年夏,ドラマで結んだ縁でソン・ヘギョとの交際を宣言して話題にのぼったヒョンビンが3年ぶりにスクリーンに復帰しました。
[インタビュー:イ・ボヨン,ヒョンビン]
"Y-STAR視聴者皆さんこんにちはヒョンビンです。
こんにちは,イ・ボヨンです。"
14日午後,ソウル江南区,論硯洞のローヤルトトで映画'私は幸せです'の主人公ヒョンビンとイ・ボヨンを直接会ってみました。
[インタビュー:イ・ボヨン]
Q) '私は幸せです'というどんな映画...?
A) "私どもの映画は精神病院で起きる話ですが誇大妄想症という病気を持って病院に入ってきて傷を負った人と,互いに似た傷を持った看護師が互いに痛みを共感しながら,お互いの傷を治癒していくそのような内容です。
お互いに慰労を受けながら。"
映画の中で二人は,患者と看護師という関係で会うようになったというんですが。
[インタビュー:ヒョンビン]
Q)引き受けた役...?
A) "私が引き受けた役はチョ・マンスという役で,後ほど被害妄想と誇大妄想という病気にかかって,精神病院に入ることになってよ。
その中でスギョンという看護師に会うことになりながら,心のある片隅を治癒を受けてそこで少し幸福感を感じるそのようなキャラクターです。"
[インタビュー:イ・ボヨン]
Q)引き受けた役に対して...?
A) "私は映画の中でスギョンというキャラクターを引き受けましたし。
お父さんの癌のために私債借金まで得て使ってお金でとても悩まされて方々でみなコーナーに集まった,そのような役割です。
マンスに慰労を受けることになるそのようなキャラクターです。"
精神病にかかった青年役を担いながら,ヒョンビンは,実際精神病院を訪問しながら,演技を研究したといいます。
[インタビュー:ヒョンビン]
Q)精神病患者の役を受け持ちながら準備したこと...?
A) "精神病のようなことを経験してみたことがなくて,実際精神病院に行ってそこにおられた誇大妄想症患者の方に会って,話もしてみましたし,精神病やこういうものに関連した映画のようなものも見ながら,話もたくさん交わして,それと共に準備しました。"
今回の作品で初めて演技呼吸を合わせることになったヒョンビンとイ・ボヨン.
だが初めての出会いから二人は,お互いに好感を感じたというんですが。
[インタビュー:イ・ボヨン]
Q)初めてヒョンビンを見た時...?
A) "私は本当にすらりとするようによくできた。
思ったより身長もとてもすらりとして大きくて,ハンサムだと考えました。
弟ですがとてもおとなのようです。
かなり考えも深くて行動も貴重ですよ。
そして時々可愛いようです。"
[インタビュー:ヒョンビン]
Q)初めてイ・ボヨンを見た時...?
A) "私も一度実際にお目にかかりたかったし、演技も一緒にしてみたかったのですが、リーディングする時,初めて会った時,予想したようにとても可愛らしかったし,何より話しながら,さらにイ・ボヨン氏に対する魅力をたくさん感じたことのようです。"
'私は幸せです'というすでに去る2008年,釜山国際映画祭閉幕作で上映されて1年ぶりに遅刻封切りをすることになりましたが。
その間精神的苦労をしていたヒョンビンとイ・ボヨン.
だが撮影中にはそれより多い苦労が後に従ったといいます。
[インタビュー:イ・ボヨン]
Q)苦労が多かったというけれど...?
A) "互いに本当に...
ヒョンビン氏もそうだが本当に死にもの狂いでとったことのようです。
こんなにまで人が苦痛なこともあるんだなという経験を初めてしてみました。"
[インタビュー:ヒョンビン]
Q)苦労が多かったというけれど...?
A) "はい大変でした。
経験をしてみたことならばさらに気楽で易しかったはずなのに経験を全くできなかったことであったし監督様がカメラ前に立った時,直接ちょっと(頭を)触れと注文をしました。
それで鏡のない状態で私が私の頭をたくさんむしりとりました。"
[インタビュー:イ・ボヨン]
"監督様が来られて,このように捉えて行かれました。
それでここがちょっと..."
[インタビュー:ヒョンビン]
"頭がたくさん陥りました。"
[インタビュー:イ・ボヨン]
"このように捉えて行って..."
1年ぶりに光を見ることになったヒョンビンとイ・ボヨン主演の映画'私は幸せです'という来る11月,映画ファンらを訪ねて行く予定です。
[インタビュー:イ・ボヨン]
"私どもの映画'私は幸せです'が11月26日封切ります。"
[インタビュー:ヒョンビン]
"多く来て見て下さったら良いです。
幸福という単語に対して皆さんも少なくとも考えられると良いです。
ありがとうございます。"
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。