--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
10
31

【記事】"他の収監者悪影響" vs "二重処罰苛酷だ"

【記事】"他の収監者悪影響" vs "二重処罰苛酷だ"
スポーツ韓国原文記事転送2009-10-17 07:01
alba04200910162055290.jpg
■青松第2刑務所は必要悪なのか
共に受け入れ時は自害など多い問題発生認識強くて
人権団体"社会に憎悪心だけさらに育てる"主張も
国内には総47ヶ所の矯正施設がある。
大きく有罪判決を受けた人を監禁する刑務所,未決囚を受け入れる拘置所に分かれるのに,刑務所は一般刑務所と女性らだけ受け入れる女刑務所,20才未満だけ受け入れる少年刑務所,全国の刑務所で選抜された模範囚勇者が集まっている開放刑務所などがある。
ナ・ヨンイ事件を起こした破廉恥犯チョ・ドゥスンが収監されながら広く知られた青松第2刑務所は一般刑務所で問題を起こした'問題囚'らと殺人,強盗,家庭崩壊など特殊強力犯罪者らだけ受け入れる特殊監獄で知られている。
このために性犯罪者を重警備施設対象者に分類されるS4等級で分類したのが行き過ぎるとし,チョ・ドゥスンを擁護するインターネットカフェが開設されて,ネチズンらに叱責を受けることもした。
世界には悪名高い収監施設が少なくない。
映画<グアンタナモに行く道>を通じて,実状があらわれた米国の'グアンタナモ収容所'をはじめとして,地図にも表示されないイスラエルの'1391キャンプ',ネズミと人が沸き立つフランスの'ラサンテ刑務所',フセインと米軍の苛酷な行為で有名になったイラクの'アブグレイブ刑務所'など世の中には虐待と非人間的な苛酷な行為がいつも強行される収監施設が数え切れない多い。
これら施設に比較すれば青松第2刑務所は比較的'人間的'ということができる。
刑務官らによった苛酷な行為がなされないように刑務官らは2人1組で勤めて,収監者間で最初からあわないように独房に収監させている。
食事のような基本的な処遇も一般刑務所と大差なくて運動をしてTVを視聴できる時間まで与えられる。
だが重犯罪者が受容されただけ問題が絶えないと分かった。
最もよく広がるのがまさに自害.
歯ブラシ,針金などを片っ端から飲み込んだり,首をくくる場合もたびたびある。
時には要求事項を聞き入れないと騒動を行ったりもする。
このために刑務官らは緊張が緩むことができないという。
一種の特別監獄の青松刑務所が一般に知られたことはこの前放映終了されたMBCドラマ<友へ,私たちの伝説>を通じてだ。
劇中でドンス(ヒョンビン扮)は刑務所で問題を起こして,暴力が乱舞する青松刑務所で移監されて生き残るためにすさまじい苦痛を味わう。
ドラマはドラマであるだけ現在青松第2刑務所では放送で描写されたことと同じ暴力や苛酷な行為は広がらないでいる。
だが人権団体を中心に青松第2刑務所の必要性に対して疑問を提起したりもする。
犯罪者中でも犯罪者を別に分類して,収監するのは二重処罰であり,このために収監者らが社会に持つ憎悪心がより大きくなるという主張だ。
米国ではグアンタナモ収容所を閉鎖しようとするオバマ政権に反対する世論が沸き立っている。
グアンタナモ収容所はジョージW.
ブッシュ前米大統領が2001年9.11テロ以後キューバの米海軍基地中に作ったし,アフガニスタンなどで逮捕されたアルカイダ,タリバン反乱軍と外国テロリストらを収監している。
しかし収容所で広がった苛酷な行為によって世界的に非難世論に苦しめられたし,オバマ大統領は去る1月就任直後からグアンタナモ収容所を閉鎖すると明らかにした。
これに対して共和党を中心に反対論者などはグアンタナモ収容所を直ちに閉鎖するのは危険千万なことであり,米国内にまた他の特殊監獄を維持するのも容易ではないことだと主張している。
事例は違うが青松第2刑務所は'必要悪'という認識が強い。
問題囚らを一般収監者らと一緒におくとさらに多い問題が発生して,模範囚らの収監生活まで影響を及ぼすためだ。
しかもチョ・ドゥスンが犯した事例のように天人共怒する犯罪が継続する限り'監獄中の監獄'青松第2刑務所は存在価値を持つものと見られる。
パク・ジンウ記者
累犯者保護監護2005年中盤閉鎖
■青松監護所は違った所
悪名高い保護監護によって有名になった青松監護所はもう存在しない。
保護監護という有罪により懲役を確定を受けた犯罪者の中で凶悪犯罪を何回も犯した累犯者などが刑務所暮らしを終わらせた後、保護監護所で最長7年まで保護と監護を追加で受けるようにした社会保護法上の制度だ。
だが保護監護所で懲役でない服役しなければならないからこの中で処罰という論議が終わりでなかった。
結局2005年中盤社会保護法が廃止されながら,保護監護も歴史の中に消えた。
青松監護所は消えたが刑務所で保護監護はまだ続いている。
2005年以前に保護監護処分を受けた人は保護監護を受けなければならないためだ。
青松には1,2,3刑務所があるのに現在青松第3刑務所が保護監護業務?
受け持っている。
人権団体らはこれらも一日もはやく保護監護の鎖から抜け出すようにしなければと主張している。
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。