--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
11
03

ヒョンビン’このように多くの話’GQ11月号

このように多くの話
2009年11月号

01100402000036901_1.jpg
映画<私は幸せです>と,ドラマ<友へ>がヒョンビンを記録した。
最近ではラネージュ オムのモデルでもう一つのイメージを作った。
そしてさらに多くの話を,ヒョンビンは今日した。

ヒョンビンは,同じ話を何度も繰り返してきた。
“百名のファンをみな満足させることにはできない”という話,自分の演技に対する評点,“緊急に行くことは嫌だ。
自ら準備ができることを待ちながら変わりたい”という新人の余裕までが,去る数年のインタビューにそのまま残っていた。
こうした話もした。<百万長者の初恋>封切り頃,2006年だった。
ヒョンビンにインタビューした記者が尋ねた。
“今年予定された作品があるか?”彼は話した。
“まだ決まったことはない。
携帯電話も消してしばらくゆっくり休む予定だ。
累積した疲労をきれいに洗い落として新しい作品に出会いたい。
希望があるならば,男の映画をしてみたい。
<友へ>のように男たちの間の濃い義理と友情があふれるそのような映画話だ。” 2009年に,ドラマ<友へ>をとった。
チャン・ドンゴン除いてはみな止めたという。

あなたのインタビューを読んでみると,何回も念を押すようにした話があった。
そして,あなたは実際にそのように生きてきたようだ。
どうなのか?

そうだろうか?

それ,容易いことではない。
可能になることだけ話すからなのではないか?できるものなどを目標にたてて。
だがこうしたことはある。
何か目標に捉えたのがあれば一人で静かに準備をしている。物を買う時も周辺の人々の助けを受けて買えるのがあって,誰に話しても私が準備にならなくなっていれば持てない物があるように。
一人で準備しながら,計算されたものなどをじわじわ進行している。

こうした話もした。
“カン・グク,サムシク,ジェギョンは元々私の中にあるのを削って出したものなのだが。
いつかは新しいことを作りたい。”
それもした。映画<私は幸せです>のマンスがそうだった。

そうだ。
した。
だが今までしたどの作品にも私の姿がただ1パーセントも入らなかったキャラクターはいないようだ。
<友へ>のドンスが持っているシンプルなことは私の中にもある。
表現方式が違うだけだ。
最初からない人物を作り出したのではない。
マンスという人物はまだ封切り前)ので,多くの方が見られなかった。

<私は幸せです>は過去釜山映画祭閉幕作ではないか?
封切りは11月26日だ。
封切っても、また多くの方らが見はしないことだ。
商業的な映画でもなくてとても暗い映画だから。
それでも見られた方らは,私が映画を撮る時した考えを一回ぐらいはするようだ。

どんな質問なのか?
“今私が幸せなのか?”というその質問を一度してみられたら良いだろう。
私はそれでも幸せな人ということを感じられるようだ。
あまりにも大変な状況のキャラクターだから。
‘それでも私はこういうマンスよりは幸せだ’という慰安も感じられるようだ。

自らはしばしば尋ねるのか?
映画を作る時,ものすごくたくさん。
数ヶ月の間そうした。
かなり深く入っていた。

原作があまりにも強いのではないか。
初めて台本を読んだ時もエンディングのトーンが強かった。
映画のエンディングはちょっと変わった。
精神病者の役割,そのままとても単純に入ってみようという計画をたてた。
映画の題名を見て“オ?今こうしている私は幸せなことなのか?”このように始めた。
一人でちょうど掘り下げた。
‘私は幸せで,何のために幸せで何のために不幸で’してみるから答もなくて….
答がない。
すべてはコインの両面だと考えた。
“私が夢見てきた演技をして,多い人にサランも受けていて,付加的なものも享受している私は幸せな奴だ。”そのように言うことができる。
ところで他の時点に帰るから私はかなり不幸な人だった。

それは‘私はハンサムな顔ではありません’という話と同じ感じなのか?
演技する友人らの中でまだ私よりサランを受けられない友人らにはそのように聞こえることもできる。
腹がいっぱいである声がすると。
ところで同等な立場だとか,私よりさらに多く享受しておられる方々またそのような視線では見ないことだ。
どのように見ても全く同じであることだ。
私をあまりにも,“わぁ,ヒョンビンだ!”と好む百人を私は満足させられない。
いつ,どこでも豪語大言壮語することができる。
髪一つを間違って切っても,その百人中何人かは明確に失望されることだ。
いくら良い作品をするとしても嫌いなファンたちが明確にいることだ。
‘ヒョンビン’を好むがその演技のトーンを嫌いな方々も明確にできることだ。
コインの一面だけ見ることはできない。
みなそのような脈絡でそのような話をしたようだ。

何がそのように不幸なのか?仕事も熱心にして,可愛い彼女もいるでないか?クラブ一度も行ってみなかった普通の若い日に対する物足りなさなのか?
もちろん,今でも個人的な人生がないことではない。
だが個人的な人生自体も展示された人生は捨ててしまったか.
誰に口に上ったり下がったりしなければならなくて,写真に議論にならなければならなくて。
ただ劇場行って映画ひとつ見れるのを,混雑する週末だとかすればやむを得ず敬遠しなければならない状況になった。
それが私一人だけ大変な時間でもない。
以前には東大門にショッピングに行くのが好きだった。
服を買いに行って良いのもあるが,あそこに行けば当代に流行する全てのものをひと目でみな見られるから。
同時代という感じたいからか?そのようなこともある。
だがある瞬間からあそこに行けなくなった。
もちろん行くことはある。
ところで一人で大変なのでなくて私と一緒に行く人々さえ骨を折ることになった。それは違うなという気がした。
それであきらめた。
もう‘私にだけ’の後悔だ。
年を取れば,その時明らかにそう考えるようだ。
‘その時しなくてもかまわないけれど。’ところで今の状況はそうだ。
それが正しいようだ。
やむを得ずしているが,そういうのを考えて生きるということ自体が他の見方をすれば不幸だ。

それが一番大きいのか?
個人的な人生がなくなるのもとても大きな不幸だと考える。
それのために抑えられた欲求があるか?あるだろう。
ところで性格のためにそれに陥っていてむやみにそうなりはしない。
代わりに,みなあいまいに考えようと努力をよくする。
最大限楽観的に考えようと努力するのだが,ただそれが嫌うことだ。
その考え自体が。
‘私が後ほどこのように生きることに対して後悔をすればどうするか’という考え自体が嫌うことだ。
私は,‘後悔’ということをすごく嫌いだ。
あたってみてだめなのは仕方ない。
あたる前にこういう考えながら,私が未来にそんな考えなければならないということ自体が嫌うことだ。

仕事においては,そういうことはないのではなかったか?
なかった。
ぶつかればいいから。

やればいいから?
非難されればいいから。
演技できないと非難されれば直せばいいのではないか。
かなり責任感のない言葉であるということを分かっている。
私はプロと。
なので舞台に立って準備するというのはかなりバカなことで誤ったことだ。
それだけの代価を受けてこの仕事をするから。
それでは俳優はそれだけの補償を当然しなければならないと考える。
それで作品入る前でも何をする時,最大限,徹底的に準備をして入ろうと努力を非常にたくさんする。
私がすることができることは100パーセントすべてして入ってこそその仕事を進行するどこの誰にも堂々とすることができる。
後悔しないためにそんなこともあって。

自身に対する合理か?
そんなにしなかった時,来るどんなものも私にも損害と,私の周囲にあるすべての方にも誤りになる。

<私は幸せです>をやる前には,精神病棟を取材したと聞いた。
狂人ということは刺激的であるほど欲もでるキャラクターなのではないか?筋道がよく捕えられたのか?

この作品が欲が出たのは一つであった。
このキャラクターが上手にできると考えて,挑戦したのでもなくて,監督様が私を作るだろうという考えもなかった。
とても憂鬱な映画なのに,原作を笑いながら見た。
その魅力一つのためにした。

どのように笑ったか?‘ハハハ’?‘シシシ’?
‘シシシ’だった。
微笑を浮かべて。
‘このように大変で憂鬱な作品を私がなぜ笑いながら見たのだろうか’考えた。
それではこの作品は明確に魅力があることだ。
多い人が見ようが見なくてもこの作品一度してみてもかまわない。
そのままおもしろくて考えて立つといった。
選択と死ぬものと思ったが。

全く他の人になった時の快感もあったりしないか?
カメラの後にいる時がさらに大変だ。

演技を確認する時?
それは簡単だ。
誤った部分だけ捕らえれば良いから。
修正して話して,またカメラ前に立てば良いから。
それのほか,準備過程が大変だ。
マンスというキャラクターも色々な考えなければならなくて表現方法らを捜し出さなければならない。
文を読んだ時感じたものなどを観客に最大限見せてあげたくて。
表現方法,表情や身振り一つ一つが頭の中で計算されなければならない。
手をこのように使ったのにそれがキャラクターと合わなければそれは次から使ってはならないから。
100パーセント組み合わさって行かないけれどある程度の計算はされていなければならない。
それを作るのが最も骨を折ったようだ。

決心したことをじわじわしていく人には‘ぼうぜんと’している瞬間がない。
じっとしている時もずっと準備状態でないか?それはそのように生きることになるのか,でなければ熱心に心をそのように暮らすのか?

以前には‘そのように生きねば’と生きた。
今は少しずつ身についた。
急いですること,すごく嫌いだ。

何度も強調した。
嫌いだ。
なぜならばロボットではないから。
作品も無条件ぽんと投げて置いて“これ撮影しなければならなくて”ということと、初めから過程に直接参加して作っていくこととは同じ作品でも明らかに違うと考える。

こういう人が,刑事になりたかったと?
ただ警察大学に行きたかった。
それが目標であった。
高等学校の時演劇に接しながら,人生が変わったことだ。
一歩遅れて分かった。
演技は誰かにやらされてするのでなく私がしたくてすることと,それで両親に嘘もついて。
01100402000036902_1.jpg

ユン・ジョンチャン監督は“恙無く育った俳優らをあくどく扱った”という話をした。
コンプレックスはなかったか?あなたは比較的模範生で育ったが俳優は経験も元手の職業であるから。

20代に演技をいくら上手にするとしても,30代俳優に肩をならべられないと考える。
仕方ない。
テクニックや技巧として勝つことはあるだろう。
それはしばらくだけだ。
経験も全く同じだ。
私は上手にやれるという考えもしなかったし,上手くやりたい心もなかった。
代わりに与えられた瞬間に最善を尽くしたかったし,私が暮らしてみなかった環境なのでさらに大変だったし,さらに多く考えようとしたし,一人で時間を持ちながら,そのような映画と本をたくさん見た。
少しずつ模倣もしながら探っていった。
みな経験することではないじゃないか。
泥棒役をすると盗んで回るにはならないということだ。

隙はないのか?
仕事をする時は。

‘これは私の統制力を抜け出した’と思う瞬間はただ一度もなかったか?
ない。
統制力ではない.そのまま状況がより良くなったことだ。
前は色々なオーディションを受けに多くの所を通わなければならなかったとすれば,今は選択の幅が広くなったから。
芝居して初めてとった映画が中間に割れてしまった。学校を休学して出てきた状態でそのまま帰りたくなかった。
負けたようだった。
それで準備をした。
ちょうど良い人らが周辺にいらっしゃったし,運も伴ってくれた。
<回し蹴り>以後にゆっくり,作品らを相次いですることになった。
<アイルランド>も,<私の名前はキム・サムスン>も,そのように上がったことだ。範囲から抜け出したのはない。

作品してない時も,実際には一人で何か準備しているのか?
新人の時からそうした。
単純に長く休むように見えることもあるがその瞬間にもそんなに気楽ではない。
どんな過程,作品に対する話が耳に聞こえればまた身体が‘スタンバイ’状態となる。
その作品のために何かをしなければならないという圧迫が感じられるから。
ちょっと問題であるようだ。
それで多く作品をできない。
兼業もできない.作品とる時は広告もとらないようにする。
一日二日広告とれば良いが,それさえ作品に‘マイナス’と考える人なので。
完ぺき主義的であるから。

あなたは‘スター’だ
それを捨てたくはない。

スターのプレミアムは何か?
演技の場をさらに多く与えられることだ‘俳優’でもそうすることはあるだろうが,範囲がさらに広い。
求める人々が多いから,機会がさらに多いことだ。
新人の時そのようなインタビュー本当に多くした。
“スターになりたいですか,俳優になりたいですか?”

違いがあると思うか?
“お母さんが好きですか,お父さんが好きですか?”と全く同じであるようだ。
そのまま認識だ。
大衆の頭の中では‘この人は俳優,この人はタレント,放送人…。’目標にしたのは俳優。
それを刻印させたかった。
スター性を持った俳優だったら良いだろう。
大変なことだが。

いったいいつ楽になるか,あなたは?
旅行行った時。
作品終わればいつも出て行く。
条件になれば海外で。
普通作品する間広告スケジュールをよくしないという。
会社では非常に嫌う。
スケジュール組むのが難しいから。
それで作品終わって集まったものをすべてしてみるならばほとんど一ヶ月が流れる。
それでは休養地に行こうとする。
何もしなくて食べて寝て本見て,それだけ繰り返す。
ボラボラに行きたい。
‘ハヌルボリ’という飲料広告をとったマルタ島もとても良かった。
ソウル,我が国にいれば聞きたくなくても色々な声が聞こえるから抜け出したい心もある。

演技するヒョンビンは一見俳優のようだが,CFは徹底的に‘仕事’ではないか?
仕事だ。
広告は仕事だ。
広告で私を見せたくない。
製品がよく見えれば良い。
それが私の役割だ。
それで広告コンテを受けた時,作品のようにちょうど食い込んで計算をしはしない。

今回のラネージュ オムもそうで,化粧品モデル本当にたくさんした。
化粧品というオブジェを持って私の中にあるまた他のものをお見せすると考える。
そして,本当に使ってみる。
サイアン広告とる時はそれを買って使った。
エックスノートも今使っていて,ラネージュもみな使ってみた。
使ってみて,合わなければ使わない。
‘アウトバック’も,モデルする時,釜山で本当に行って食べた。

直接使ってみたか?
クレンジング フォームはそのまま‘ラネージュ’を使う。
オムでなくて。
それが優しいことのようで。
ミスティーも,サンブロックも運動する時使う。
他のモデルらはしないのか?

そうだな,皆そうするといったりする。
さあ,<友へ>の直後に本人の演技点数を60点与えた。
<アイルランド>直後には30~40点であったしサムシクは40~50点,<百万長者の初恋>財閥も40~50点だった。
自ら演技に対する満足値が上がったことなのか?

演技に対する満足でなく余裕に対する満足だ。
初めには一つもまだ考えをできなくてカメラ前に立った。
ところでいくつかの作品をしてみたからもう一つは考えて立つ。
今きては2~3ヶの表現方法を持って出て行って,一つをお見せすることができる余裕ができた。
その余裕に対する評点だった。
私が演技が上手でできなくてに対する評点でない。
余裕ができるから表現方法も多様化してセリフの処理も多様化することに対する点数であった。
それは少しずつ上がっている。

20代後半は,年齢に対し考えないわけにはいかない時だ。
サムシクだった時は‘24才のトップスター’であった。

流れる雲だった。
今でもそのように考える。
視聴率が50パーセントを越えたから。
今このようにあるのもサムスンの影響が大きいと考える。
今は心ははるかに気楽だ。
私は捨てても元手だ。
‘ヒョンビン’という名前で人々に捨てられても,私は元手だ。

何の意味なのか?
俳優ヒョンビンは本来なかった。
なので急ぎたくない。
片方では度々何かをしなければと考えながらも,他の片方では大丈夫だと考えるのが,俳優をしなくて刑事をしてたら今こういうものら享受しないでも何かをしていることじゃないか。
キム・テピョンが演劇を接しなかったらこれはしなかったことだ。
ヒョンビンは本来なかった。
以前19年,20年も良く暮らした。
元手で行くことだ。
ただし今あるものなどを失いたくないからまた悩んで行くことだ。
そのとおりだ。

いったいどんな俳優になりたいのか?
国民俳優,色々な,何の俳優,やたらあった。
今は,被害を与える俳優になりたくない。
私の映画を見に来た人,私にお金を投資した人でも一緒に撮影しながら苦労する人にでも被害を与えたくない。
性格的であることだ。
その人らにとって後悔する俳優になりたくない。

あなたの二十代はどうだったか?
仕事だけしたようだ。

あなたがするとインタビューで話したこと中できなかったことは結婚だけだ。
できなかった。
高等学校の時の夢だった。
二十三才に結婚すると考えたのに,ある瞬間二十三才になったよ。

なぜはやく結婚が結婚したかったか?
ただ‘二十三ぐらいなれば結婚ができるのだ’という単純な考えだった。
ところで二十三なったらそうでなかったよ。
それで‘ア,これはではないな’とすぎたことだ。
ゆっくり,1年に1,2作品ずつしながら着実に仕事をしながらきたようだ。

三十はどうだろうか?すごい意味があるのではないが。
意味がある。
私は三十をとてもはやくすごしたい人だ。

以後のあなたが気になるか?
さらに多くの経験があることだ。
それではさらに広い幅を持って演技をするようだ。
以前から“三十を越えたい”という話をよくした。
後悔しかねない。
なぜそのようなむだな話をしたのだろうかと。
ところで今ははやく年を取りたい。
兄らと似合うからなのか?

タバコ一本吸いながら終わらせるだろうか?あなたはどこでも誰かの従兄弟だとか叔父だと思った男だ
全部,年齢に比べて年上であるキャラクターだ。
カン・グクも20代始めに29才の演技をしたし。
サムスンの時も三十序盤を演技したから。

いつがあなたの全盛期であろうか?
30代半ば?その時は家庭も組まれているようだし,今よりもう少し落ち着いているようだ。
自ら準備をしている。

その時もあなたは何か準備をしているようだ。
また始まりだろう。
だがある程度は。

誰もいなくて,一人でいる時はどんな状態になるか?少しは解放されるのではないか?
何かをしている。

快楽はいつ,どこで探すのか?“仕事が快楽です”のような返事は遠慮する。
オ,快楽?ウン...。
取ってつければあれこれみな快楽になることができるのではないか?写真を取ってよく出てきたり,良い作品に出会って仕事をする時も。

底まで行きたい欲求はないか?
ない。
底をなぜあえて行かなければならないのか?行かなくてもかまわないと考える。
だがいつかは底がくることという考えはしている。
その時はまた上がる準備をすべきだ。
以前に運動する時,ランニングマシンを走ってて海が前に見えた。
遠くには山があった。
ずっと上がるばかりである山はない。
見ながら‘今私があの程度に来ているだろう’考えた。
上がれば降りて行く時点があるのに,その時になって‘このようにしなくちゃ’との考えはした。
‘あの底を一度打ってみようか’という考えはしてみなかった.

* 詳しい内容は 2009年11月号で確認して下さい。

CREDIT
エディターチョン・ウソン
フォトグラファーアン・ハジン
モデル ヒョンビン
出処www.gq.com
Comment

[344]

こんなに長い記事・・・・。
翻訳、ノムノムコマウォe-328

自分の言葉で話してるね。
「ロボットではないから・・・・」
などなどそう言い切った言葉の端々に、
すごく強さを感じる。
驕らず冷静に自分を見てる。

私、感動しました。
惚れ直しました。v-510

[347]

ひらこv-510~!
またもいまいち翻訳でみあねよ~。
だけどこういうどっしり腰をおろしてやりとりされたインタビューは貴重だよねぇ~。
一部をのぞいて、韓流雑誌では決してお目にかかれないよねー(爆)

なんてか、今回読んでておそろしい人だなぁーと。。。v-510
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。