--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
11
04

【記事】[Spotlight]俳優チョン・ユミ 痛いだけ大きいということでしょう!

【記事】[Spotlight]俳優チョン・ユミ
オーディション100度超えて苦杯 端役出演してまるごと編集
痛いだけ大きいということでしょう!

2009102701034_0.jpg
▲ photoキム・スンワン朝鮮映像メディア記者
俳優チョン・ユミ(23)はこの頃MBC週末ドラマ‘宝石ピビンパ’でイ・ガンジ役を担って,印象的な演技をしている。
‘宝石ピビンパ’は四種類の宝石(ピチュイ、ルビー、ソンホ、ホバク)の名前を持った4兄弟姉妹の話を入れたホームドラマだ。
彼女はこの作品の直前はMBCドラマ‘友へ,私たちの伝説’でウンジ役を担った。
劇中ドンス(ヒョンビン)に対する一途な心で純愛を大事に保管した女性だった。
ドラマ‘友へ,私たちの伝説’は来年日本で放映される予定という。
‘友へ’でラブ ラインを見せたチョン・ユミとヒョンビンは以前にCFでも呼吸を合わせたことがあるという。
“ヒョンビン兄さんと飲み物のCFを一緒にとったことがあります。
以後私は中国に進出しました。
2年近く中国で撮影を終えて戻りましたよ。
ドラマ‘友へ’をとる時,初めには兄さんが私をわかってみられませんでした。
だが以前の縁を分かってはさらによく取りまとめられましたよ。”
チョン・ユミは中国に滞留しながら,二編のドラマに出演した。
中国CCTVの‘ファイブスターホテル’と香港ドラマ‘出会い’だ。
“‘ファイブスターホテル’では女主人公役を担いましたよ。
ホテル会長娘役でした。
お父さんは疑問死当てられてスヘン秘書と愛に陥る内容を入れましたよ。
2年近く撮影しながら,中国語もたくさん増えました。
北京,上海,杭州,海南でしょう,延吉(ヨンギル),チベットなどをめぐりながら,撮影しました。
中国内でかなり人気があるドラマでした。”
彼女は中国で生きながら彼らの余裕を習ったという。
“撮影する時や日常生活する時や常に余裕が土台に敷かれていました。
6ヶ月予定だったドラマ撮影が1年半に増えたりしたのにということですよ。
韓国では無条件‘速く速く’とすることが最高だったが余裕ができると私を振り返る暇もできて演技に対して悩む時間もできました。
また中国では多様な人に会うことができて良かったです。
広い国土ぐらい個性がある人が多いようです。”
だが中国で良いことだけあったことではない。
“スリにあうところであることもありました。
延吉(ヨンギル)冷麺屋だったと思います。
人々の間で過ぎ去って数人とぶつかりました。
そのうちスリがいたようです。
突然大きい音がして後ろを振り返るとコーディネート姉さんが自分よりはるかに大きい男の襟首をとらえて財布出せといいますよ。
後ほど聞いてみると姉さんも恐ろしかったが突然超人的な力ができて,その男に大声を出したといいます。”
中国生活中彼女に最も骨を折ったことは油っこい食べ物だった。
“撮影会場で提供される弁当に常に豚脂身がのせられられていたのによく食べられなかったんですよ。
それで韓国から持っていったコチュジャンにご飯をこすって食べたことが多いです。”
中国から戻って,韓国活動に専念しているチョン・ユミは漢陽大演劇映画科04年度入学生だ。
2004年キシリトール ガムCFでデビューした。
“大学のある女性先輩がマネジメント仕事をしたいとしながら芸能界デビューを提案して,共に仕事をすることになりました。
初めにはCFを中心に出演してドラマ,映画オーディションを受けることになりましたよ。”
彼女は‘愛情の条件’でドラマにデビューした。
“以前に映画‘シングルス’ ‘シルミド’等に端役で出演しました。
‘シングルス’ではそのまま通り過ぎる役であったし‘シルミド’ではまるごと編集されました。
作品末に人質で登場して,キウ・ガンウ兄さんとともに演技をしたのに本当に惜しいです。
監督様がキウ・ガンウ兄さんと私に酒を買って下さりながら慰めて下さいましたよ。
映画が終わって上がるエンディング クレジットには私の名が出てきます。”
チョン・ユミは釜山で男兄弟がない一人娘に生まれた。
“お父さんが職場をずっと変えて小学校時は10余回転校を通いました。
網米小学校に入学して,ずっと転校を通って結局には網米小学校に戻って,卒業しました。
その学校と縁があったようです。”
彼女は幼いころから引っ越しをしばしばして回って、友人と交わる機会がなかったのが残念だったといった。
“幼い時の夢は先生になることでした。
ところで高等学校の時国語先生に会いながら,夢が変わりました。
その先生が私に俳優になれば良いそうだと推薦して下さいました。
演技学院も紹介して下さいましたよ。
演技学院に通いながら,演技に面白みを感じ始めました。
私がチェ・ジウ先輩と高校同窓なので、その先生はチェ・ジウ先輩がテレビ番組を通じて‘恩師’で常に探れる方でした。”
チョン・ユミはお父さん仕事のために高3の時ソウルに転校してきた。
“路上キャスティングも何度も遭いました。
ご両親が反対して,芸能界にまさに入ってこれなかったです。
しかしお母さんをよく説得して,演劇映画科に進学しましたよ。
大学の女先輩が自身を信じろといいながら,お母さんによく申し上げて,デビューをしたのです。”
彼女のロール(role)モデルは俳優キム・ヒエ.
“演技者としても女性としてや素晴らしく生きておられるようです。
年を取りながら,より一層堂々としているようになる姿が見て良いです。
私もキム・ヒエ先輩のように年取りたいです。”
ところでチョン・ユミはいまだに‘カメラ どきどき症’が残っているといった。
“カメラ前に立てば緊張になります。
幼いころから他の人々前に立つのを恐れましたよ。
授業時間に質問もよくできない学生でした。”
彼女は小学校の時引っ越しをたくさんしたのがまだコンプレックスで残っているようだといった。
“だが安定的でなかった幼い時期を通じて,演技のための感受性はたくさん発達したようです。
コンプレックスを否定的に使えば自分の破壊のエネルギーになるが肯定的に使えば自分の発展のエネルギーになるといってするでしょう。
私は私が持ったコンプレックスを私の演技の原動力で使いたいです。”
2009102701034_1.jpg
▲ドラマ‘宝石ピビンパ’/ドラマ‘友へ,私たちの伝説’(右側)
今年ドラマ‘友へ’ ‘宝石ピビンパ’でひきつづき視聴者たちのサランを受けているチョン・ユミはこれから演劇舞台にも立ってみたいといった。
“大学の時以後で演劇舞台に立ってみたことがありません。
スクリーンやブラウン管を間に置いて演技をしていると,観客らと直接呼吸しながらという演技もしてみたくなりました。”
彼女はまだ演技を通して大きい収入を得られないがひたすら演技が良いという。
“仕事がうまく進まない時は他の職業を選択するべきではないかという考えになりました。
だが演技を休んでも他の仕事をしてみたことがないのを見ればそれだけ演技に愛情を持っているという証拠であることのようです。
また今までオーディションで100回以上落ちたがずっと挑戦して,配役を取り出すのを見れば天上演技をするほかはないと思います。
今年は運が良くて休む隙間なしで撮影して見たら一年がみな過ぎ去っていますね。
俳優として何かをずっと呼ばれていっているという感じです。”
(出処:weekly.chosun.com)
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。