--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
11
18

【記事】ヒョンビン“幸福は幸福を信じる人にきます”

【記事】ヒョンビン“幸福は幸福を信じる人にきます”
文ペク・スンチャン・写真キム・ムンソク記者
20091117_01100128000001_01M.jpg
・映画‘私は幸せです’で誇大妄想症患者変身ヒョンビン
すっきりしていた貴公子のようなヒョンビン(27)を期待するならば<私は幸せです>は見ない方がより良い。
26日封切るこの映画でヒョンビンは焦点ない目,荒れた肌,もじゃもじゃの髪のカーセンター職員で登場する。
その上人生の末に集まった後,精神他人と関係を持って,することまで正常でない。
相手役のイ・ボヨンとのロマンスやはり全くない。
<私は幸せです>は故イ・チォンジュンの短編<早晩得種>を原作にする。
痴呆にかかった老母,賭博中毒に陥った兄を見守って疲れたマンス(ヒョンビン)は誇大妄想症にかかって,精神病院に入院する。
病院中で彼は自らを百万長者と信じたまま幸せがる。
病院の看護師スギョン(イ・ボヨン)やはり私債とお父さんの癌闘病につながる生が手に負えないのは同じだ。
‘まともな精神状態で不幸なのが良いのか,狂って幸せなのが良いのか’と原作と映画は尋ねる。
ドラマ<私の名前はキム・サムスン> <彼らが生きる世界> <友へ,私たちの伝説>等で人気を確かめたヒョンビンが<私は幸せです>に出演を自ら要望した時,ユン・ジョンチャン監督はそれほど感服できなく思った。
“演技練習しようとすることなのか”という憂慮のためだった。
多くのCFで憂愁が宿った断定したイメージを見せているヒョンビンなので監督の疑問はより増した。
ヒョンビンは“上手に出来るとは考えない。
それでも必ずしてみたい”として監督を説得した。
20091117_01100128000001_02M.jpg
“暗いのに失笑が出る映画でした。
満足有無を離れて演技しながら私がすることができるのはつくしました。
老母とカラオケに遊びに行った場面を撮った時はカメラが消えてもしばらくさらに泣きました。
人物に没入した感情がとうてい消えなかったんですよ。”
演技のために実際精神疾患者に会うこともした。
自ら金になった山を所有していると信じる人であった。
彼は誰が見てもにせ物に明らかな時計をはめて,襟章だと主張した。
“とても真剣に自ら金持ちと信じる方だった。
単純に身の動作でない,彼の心理を知りたかった”とヒョンビンは話した。
“映画を作る終始‘君は幸せなの?’と自らに尋ねました。
幸せならば‘なぜ幸せなの?’とまた尋ねましたし。
自ら質問が絶えなくて苦しいほどでした。
状況がそうではなくても,幸福は幸せだと信じる人にくるという結論を下しました。”
20091117_01100128000001_03M.jpg
ヒョンビンは声が大きくなくて,純朴だった。
ひと目で見ても年齢より早熟で内気的な態度であった。
彼は“年齢をはやく取りたい”とした。
“演技者にはそれが良いようです。
年を取れば若さは消えるだろうが,経験が積もって,それだけ表現できる部分が多くなるからです。
まだ私の全盛期はこないようです。
30代中後半程度なら今よりはるかに立体的なキャラクターができそうです。”
良い評価を受ける作品に着実に出演してきたヒョンビンだが,<私の名前はキム・サムスン>以後それだけの大衆的成功を収めた作品はない。
彼は“家坪数を広める喜びがなければならないのに,幼い年齢にとても大きい家(<私の名前はキム・サムスン>の成功)に入って生きたようだ”として“(興行失敗に対して)悩みはするがこだわりはしない”と話した。
次期作は<ラストコーション>のタンウェイとともに出演する<晩秋>だ。
米国,シアトルで早ければ12月からオールロケで撮影されながら,全部英語大使だ。
李晩煕監督の最高傑作に選ばれる同名原作をリメークする映画だ。
<私は幸せです>に続き<晩秋>まで,2009年はヒョンビンが演技のまた他の領域に進入する年と記憶されるようだ。
(出処:kyunghyang.com)
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。