--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
11
18

【記事】ヒョンビン“わざわざ演技変身を狙いはしない”

【記事】ヒョンビン“わざわざ演技変身を狙いはしない”
映画<私は幸せです>記者懇談会

2009.11.13
文.イ・ジヘ写真.チェ・ジウォン

20091113182734_9_[W555]
親しげに正反対の立場に立った二人の男女.
暖かい日差しが照らして穏やかな微笑が二つの顔に留まっている。
11月26日封切りを控えている映画<私は幸せです>(SSUストーム製作,ユン・ジョンチャン監督)のポスターはそれこそ幸せに見えるヒョンビンとイ・ボヨンをいっぱい入れたが本来映画でこれらが笑う姿を見ることは容易ではない。
13日往十里(ワンシムニ)CGVで公開された映画<私は幸せです>は題名が持つ力説の程度がどこまで高くなりえるのか見せた。

20091113190358_0.jpg
賭博に狂った兄が残して行った借金と痴呆にかかったお母さんが持ったものが全部のマンス(ヒョンビン)は結局現実を勝ち抜くことができなくて誇大妄想症にかかってしまう。
やはり直膓癌末期のお父さんの介護でできた借金とダークサークル他には持ったものがない看護師スギョン(イ・ボヨン)も一日一日が地獄のようなことは同じだ。
精神病棟で患者と看護師で会った二人はお互いに小さい慰めになるが人生はこれさえも容認しないで,あくどく二人を追い詰める。
はっきりしない目つきにもじゃもじゃの髪ヒョンビンとはれた唇,いい加減にかけた服に目が落ちくぼんで精気がない顔のイ・ボヨンは見慣れないが<私は幸せです>で2人の俳優はふわりと成長した姿だ。
第13回釜山国際映画祭閉幕作でお目見えして1年ぶりにまた観客らとの出会いを控えているヒョンビン,イ・ボヨン,ユン・ジョンチャン監督が映画<私は幸せです>を話した。


<密陽(ミリャン)>,<西便制(ソピョンジェ)>などの原作小説で有名な故イ・チォンジュン作家の小説<早晩得種>を映画化した特別な契機があったか?
ユン・ジョンチャン監督:現実の重さに勝てないで,気違いの話を扱った原作がおもしろく感じられた。
脚色をすれば一つの映画で作ることができないだろうかと思った。
イ・チォンジュン作家に聞いたことでは実話を土台にした小説だ。
作家が友人に聞いた実際の事件を土台に文を書くことになったといったよ。

“映画にはヒョンビンでないマンスの姿を現わすこと”

20091113182801_2_[W300]
ヒョンビン“この頃には次の作品を準備中だといつも幸せだ。”

<私は幸せです>という題名とは違うように映画の中人物らは皆幸福とは距離が遠い。
ユン・ジョンチャン監督:逆説的に使った題名で認められたら良い。
マンスは不幸な現実と違うように狂って幸せだったし。
人生ということはとても無関心なようだ。
人が荷物を持っていたり狂ったりすることと関係なしに人生は流れる。
しかしあきらめないでまた現実に帰る主人公の姿で事実生活を送る存在自体で幸せなこともあると考えた。
映画は全体的に重いこともあるので観客らはどんな側面でカタルシスを感じることもできるようだ。
マンスとスギョンが難しい状況を克服するのを見ながら複雑な今時の時困難を経験している多くの人々に逆説的に慰労になることができないだろうか?

誇大妄想症患者という特異なキャラクターを引き受けた。
準備過程が侮れなかったようだ。
また俳優らはそのような強烈なキャラクターを演技した以後には日常に復帰するまで困難を経験したりもしたというが。

ヒョンビン:誇大妄想症ということを経験してみることができなくて,監督と多くの話を交わした。
また撮影開始前に精神病院に行って誇大妄想症患者に会うこともした。
監督,イ・ボヨンと共に精神病に関連した映画等を見ながら,あれこれ対話をよくしたのに,そんなことらが間接的に役に立った。
撮影しながらも,監督と誇大妄想症患者の目つき,手まね一つまでもみなリハーサルをしながらとった。
本来映画のキャラクターからはやく覚める人だと考えたのだが、今回の映画の場合にはもう少し延長になったようだ。
マンスの目つきが焦点がなくて,あいまいだったのだが、しばらくそのように過ごしたところ他の映画を撮影する時もその目つきなので支障があった。(笑い)

マンスというキャラクターはヒョンビンという俳優の限界を試験すると感じられるほど苛虐的でもある。
演技変身を試みて作品を選択したものか?

ヒョンビン:初めて見たシナリオは本来マンスが私がすることができる年齢帯の人物でもなくて状況も違った。
ところでこの暗鬱ですさまじいシナリオをずっと失笑を含んで見ることになったよ。(笑い)
私がなぜこれを笑いながら,保持という考え妙な魅力を感じた。
マンスというキャラクターを私が上手にする,よく表現できる,こういう考えは全くなかった。
また演技変身をすると選んだのではない。
監督の欲の中の一つが映画に既にヒョンビンが見せた姿でないマンスの姿を現わすことだったのでそのように作業した。

“演技を本当に上手であるべきだとの気持ちだけだった”

20091113182819_1_[W300]
イ・ボヨン“作品をする時きれいに見えようとしはしない。”

イ・ボヨンやはり女優として可愛く見えたい欲を捨てて情熱を傾けて臨んだようだ。イ・ボヨン:本来作品をする時可愛く見えようとしたことはない。(笑い)
<私は幸せです>をとりながらも,スギョンが自体にならなければならないしたし,本当に演技を上手くしたいという気持ちでとったので何の考えがなかった。
私の容貌に気を遣う余暇がなかった。(笑い)

最近ヒョンビンはタンウェイとともにキム・テヨン監督がリメークする<晩秋>にキャスティングされたのに,映画はどのように進行しているか?
ヒョンビン:<晩秋>はシアトル オールロケで撮影される予定だ。
それでずっと米国にあとで今回の映画のために少しの間韓国に戻ってきた。(笑い)
現在ずっと撮影を準備中で,12月からクランクインする。

映画の題名のように最近一番幸せだった瞬間があるならば?
ヒョンビン:本来作品をとる時より準備する時間をより好きだ。(笑い)
それでこの頃には次の作品を準備している状況だといつも幸せだ。
イ・ボヨン::<私は幸せです>をとって入った考えが本当に私は幸せな人というものだ。
映画を撮った後に住んでいるということ自制が幸せだった。
日常的に起きるわずかなものなどに皆幸福を感じながら生きている。
(出処:10asisa)
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。