--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
11
18

【記事】ヒョンビン"幸福は答がなかったんですよ"

【記事】ヒョンビン"幸福は答がなかったんですよ"
|記事入力2009-11-16 18:58 |最終修正2009-11-17 08:48
AKR20091116189200005_03_i.jpg
映画'私は幸せです'のマンス役
(ソウル=聯合ニュース)ハン・ミヒ記者=
平べったいジャンバーを着て頭をもじゃもじゃするように育てたといって,美男スターヒョンビンが'変わった'と話すことはできない。
映画'私は幸せです'でヒョンビンが見せた姿は確かに変わった。
彼は変わったことを目つきで,全身で話す。
ドラマ'私の名前はキム・サムスン'のヒョン・ジノンを演技したヒョンビンと'彼らが生きる世界'のチョン・ジオを演技したヒョンビンから何か違う点を感じたとすれば察することもできるようだ。
二つの作品の間にある映画'私は幸せです'はヒョンビン自ら俳優人生の"学校のようなところ"と話しながら,愛着を見せる作品だ。
次期作の'晩秋'リメーク作を米国で準備しているけれど映画試写会に合わせて難しく暇を作って,しばらく帰国した理由でもある。
16日午前江南のあるカフェで彼に会った。
映画は昨年釜山国際映画祭閉幕作で上映されて1年がふわりとすぎて封切ることになった。
AKR20091116189200005_02_i.jpg
"いつ封切るか心配することもなかったし如何に多い観客が見るか未練がましがることもありません。
私に対する考えをよくした大切な時間であったしたくさん習いました。
それで愛着があります。"
ユン・ジョンチャン監督は現場で恐ろしくて厳しいことに有名だ。
ヒョンビンは"病気与えて薬をやるのかを上手にする"とした。
"カメラ前に立っているので恥ずかしいほど大声を張り上げて下さい。
そのままこらしめるというよりは感情がよく出てこなかった時,それをかいて引き出されるようです。
'OK'した後には上手にしたと薬塗って下さって。
それと共にたくさん習いました。"
彼はその勉強が以後作品らでも多い役に立ったといった。
今回の映画で彼が引き受けた役は手にあまる現実を耐えられることができなくて誇大妄想症にかかって,精神病院に入院することになるマンスだ。
痴呆にかかったお母さんと賭博に狂ってお金を出しておけと乱暴を働く兄を黙黙と抱え込む純真と優しいだけの青年だったが,兄が借金だけ残して自殺した後,罪悪感と現実の重さを耐えることができなくて狂ってしまう。
精神病院では彼はスイスでホテルを経営するお母さんがいるので小切手にサインだけすればお金になるものと思う誇大妄想症患者だ。
どちらか一つの場面容易ではなかったことと推察になったりしたがヒョンビンは"死にたかった"として"今考えればどのようにしたようだ"と話した。
AKR20091116189200005_01_i.jpg
"水の中でもがく夢の場面を最も最後にとったのだが、プールで5m深さまで降りて行かなければなりませんでした。
夜に始めて,朝日が昇って出てきましたよ。
監督様に'最後まで私を気楽にしてくださらないですね'と言いました。
監督様も水に落として差し上げて。"
だが本来そのようなからだの苦労のために大変だったと大げさに訴えることではない。
アクション映画でもないが撮影しながら,体重が4㎏が陥って,初めてとった場面は再撮影をしなければならないほど精神的苦労が激しかったといった。
痴呆にかかったお母さんとともにカラオケで行った場面でマンスはお母さんが好むイカを選んでビールを飲んで歌を歌う。
そして結局壁にもたれて涙をこぼす。
その時カメラはマンスの後ろ姿を照らす。
ヒョンビン自ら'最も忠実だった'と評価するこの場面は'OK'が落ちてつけられた場面だ。
もちろん正確にいつ'OK'が落ちたのかは分からない。
ところで激しく上がってくる感情を自ら制御できなかったこの場面も最も大変だった場面ではないといった。
彼はカーセンターで何の話もなく車を修理した最も日常的で平凡な場面を挙げた。
"初めての撮影した場面です。
負担感が大きかったようです。
マンスというキャラクターを作るために監督様と多くの対話をしたがそのように考えてきたことらが合うか悩みながら,試験台に上がる気持ちでした。"
他の人々が羨む多いことを持ったように見える彼に映画の題名を質問に変えて投げたところ予想とは違った答が戻った。
"私も初めから映画の題名を持って掘り下げ始めました。
大変だったこと,幸福ということを深くと考えてみると苦しくなりましたよ。
答がないです。相変らず決めつけて話せないです。
コインの両面という考えは聞きます。決心する次第という。"
PYH2009111611780099000_P2.jpg
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。