--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
11
19

【記事】ヒョンビン"撮影終わってもしばらく目の焦点失って困りきりましたよ"

【記事】ヒョンビン"撮影終わってもしばらく目の焦点失って困りきりましたよ"
'私は幸せです'に戻ったヒョンビン

ラジェギ記者
l391204200911182229450.jpg
あえて分類しようとするならヒョンビンは'王子様科'だ。
すらりとした背丈に高貴な態度充満する容貌がそのようなイメージを固めた。
広く知られた役割も主に財閥級家の高貴な子弟だ。
彼をスターダムにのせたTVドラマ'私の名前はキム・サムスン'でヒョンビンはホテル業をする裕福な家出身の20代レストラン社長役を演技した。
映画'百万長者の初恋'は題名から最初から彼に触れるのが難しい方で想定した。
しかし最近彼はカメラの前で度々低いところに向かっている。
あたかも"私は平民"と宣言でもしそうだ。
高等学校を中退した取るに足りないボクサー(ドラマ'雪の女王')から釜山の裏路地をさらに暗くさせる組織暴力(ドラマ'友へ:私たちの伝説')で急転直下した。
ドラマ'彼らが生きる世界'では多少清楚になったとしても,お金が窮した放送PD役割だ。
ヒョンビンはついに新作'私は幸せです'で深刻な生活苦に苦しめられて自らが途方もない財力を持ったことで勘違いする誇大妄想症患者チョ・マンスに変身する。
兄の賭博借金にやつれてやつれた彼の姿で貴公子の痕跡を探すことは難しい。
焦点失った目つきに唾までずるずる流すと一部女性ファンたちには'ヒョンビンの離反'と見えるほどでもある。
ヒョンビンは"シナリオを見ては先やるとさっさと出た"と話した。
ユン・ジョンチャン監督は"そのようにとてもモダンな俳優が…信じられなかった"とした。
"所属会社が演技練習させようとすることでないか"とする疑いまで抱いた。
ヒョンビンは"シナリオを読んでは苦しくて憂鬱な心を持つよりにっこりと笑った。
以前には感じられなかった感情だと必ずしなければならないと決心した"と話した。
彼の切実な一言がユン監督の心を動かした。
"上手な自信はないですががんばる自信はあります。"ヒョンビンのキャスティングが決定されながら,理髪師であった早晩数の職業は自動車整備工に変わった。
彼は'熱心に'という約束を守るために誇大妄想症患者に会いながら,配役を探求した。
'金でできた山を所有した'というその患者の不真面目な真剣さから彼は"狂うようにだけしてはマンスを演技できなくて真心を見せるべきだ"と悟った。
配役に過度に没入したためであろうか。
彼は"撮影終了後最も抜け出すのが難しかった役割だった"と話した。
"以後広告撮影する時,無意識の中に目の焦点を失って困りきることもした"ということだ。
ヒョンビンの次期作は'晩秋'だ。
'家族の誕生'のキム・テヨン監督が指揮棒を入ったこの映画で彼は'ラストコーション'(監督アン・リー)のヒロインの中国俳優タンウェイと向き合う。
今はプリントも残っていない李晩煕(1931~1975)監督の伝説的な同名名作(1966年)を新しく作るこの映画で彼は特別休暇を出た女模範囚エナ(タンウェイ)と短い愛を分かち合う。
米国,シアトル オールロケにセリフは100%英語だ。
ヒョンビンは"(英語勉強)しろという時しなくて…両親のお言葉よく聞くべきだったのに"としながらも,期待を隠すことができなかった。
"'晩秋'はすでに大きい挑戦で感じられます。
どんな結果が出ようが私の演技人生に大きい影響を及ぼすことと考えます。"
彼の近況と関連,最近ソン・ヘギョと愛に陥ったことを取り除けない。
彼は"両者の関係が表に出ないように最大限気を付けている"と話した。
"大衆が私の演技を見ながら'その子'の顔を思い出させて,その子の顔を見ながら,私を思い出されれば明らかに問題があること"という考えのためだ。
演技欲が誰にも遅れをとらないこの俳優の夢は"第一位には上がれないでももう少し広く演技すること"だ。
"コメディーもするつもりです。
私を度々限定作りたくありません。
ある垣根の中にだけあればその中でよく遊んでいる(何もしていない)人はできるでしょう。
私はその垣根の中を狭くさせたくはありません。"

お母さんは痴呆,兄は賭博,私は誇大妄想症…
l391204200911182229451.jpg
■映画'私は幸せです'とは
お母さんは痴呆なのに兄は賭博に陥った。
米びつは空になっていって,理性を失った兄は金を出しておくとし,げんこつを振り回す。
私債業者の暴力が崖っぷちにあるこの家庭を襲う。
灯りが折れるような人生の重さを耐えることが出来ない自動車整備工マンス(ヒョンビン)は誇大妄想症という自分だけの楽園に逃げる。
何の紙にでも金額とサインを振り回しながら,大富豪になったという錯覚に陥るマンスは幸福感にぬれて,精神病院は彼を正常に戻そうとする。
'鳥肌'と'青鉛'でずば抜けた演出力をお目見えしたユン・ジョンチャン監督の新作だ。
末期癌にかかったお父さんのためにお金と恋人と人生の余裕を奪われて狂う一歩直前の看護師スギョン(イ・ボヨン)の日常が,精神を置いたマンスと強いコントラストを成し遂げる。
果たして人間の幸福は何かという根源的であり,結構重たい質問を投げる映画.
人生のアイロニーをひったくった演出力が引き立って見える。
小説家故イ・チォンジュンの同名短編小説を下絵みなした。
ユン監督は"社会的問題点を指摘するよりただ人間のある姿を描きたかった"と話した。
26日封切り,15才観覧可.
入力時間:2009/11/18 22:29:50修正時間:2009/11/18 22:29:50
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。