--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
11
20

【記事】[インタビュー] ヒョンビン

【記事】[インタビュー] <私は幸せです>ヒョンビン①“ドンゴンが兄が私のロールモデル”
記事入力:2009.11.19 18:01
091119ha11.jpg

[マックスムービー=パク・ジョンミン記者]
真剣で物静かだった。
静かな語り口に乱れない姿は今のガールフレンドとともに演技したドラマの中キャラクターととても似ていた。
美男容貌のヒョンビンを置いて模範生のようなイメージの俳優といった放送,映画界の人々の話が違っていないことを直接会って話を交わしてみると分かることができた。

秀麗な容貌のおかげでデビューの時から注目されていてきたヒョンビンは演技する作品ごとに重たい重さ感をあたえる俳優に成長してきた。
出演したドラマや映画が大衆の関心をあまり受けなかった作品であってもヒョンビンの演技力を大きくさげすむ場合はあまりなかった。
“やりたい演技をしてきただけだ”と話す彼だが,いつも新しい何かに挑戦するキャラクターであり発展した姿だった。
誇大妄想症にかかった<私は幸せです>のマンスもその延長線上にある役割だ。
今回の<私は幸せです>を通じて過ぎた時間を振り返ることができる余裕を持つことになったという俳優ヒョンビンに去る16日午後江南のあるカフェで会った。

マスコミ試写会で原作の<チョ・マンドゥク氏>を失笑を含んで読んだといったのにどんな点でそうしたことなのか?
初めて出てきたシナリオをそのように見た。
本はその以後に見た。
シナリオは原作の内容と時点が少し違う。
ところでこの憂鬱な話を失笑を含んで見た。
多分精神病院でおきることをそのように見たようだ。
今考えてみれば主人公マンスが病院で幸せな生活を送ることになりながら,現実での重さを取り出す部分でそうしたようだ。

完成された映画を見るとどうだったか?
見る度に苦しい。
昨年釜山国際映画祭で初めて見た時は作品に没入して,見られなかった。
今回またマスコミ試写会で映画を見たのに,苦しいことは全く同じだったよ。
映画自体が重苦しいじゃない。
沈んでいて。
反対に少し過ぎて考えてみればそのような苦しいものなどで‘私は幸せだ’ということを感じることになったようだ。
マンスやスギョンよりは幸せな生活を送るということ.

どんな点に引かれたか。
初めにシナリオを見た時感じたことが最も大きい理由であった。
私がなぜ笑いながら見るだろうか?この作品をしてユン・ジョンチャン監督様に学ぶべきで,また演技力がプラスになるという考えはしなかった。
妙な感じが珍しかったりもしたし,この作品の魅力が何かに対しても考えるようにした。
その点一つでこの映画をしなければならないと考えた。

どんな部分にポイントを与えて演技したか?
どうしてもマンスの違った姿だった。
現実でのマンスと病院の中でのマンスの目つきや行動らを違うように見せてあげたかった。

091119ha22.jpg

映画<私は幸せです>を通じて,俳優ヒョンビンが得たのは何か?
演技的な面はよく分からない。
学ばなかったとのことが違う。
余裕がちょっとできたようだ。
カメラ前に立つ時も作品を見る時も余裕ができるから以前に見られなかったものなどを少しずつ見ることになるようだ。

余裕のほかまた他のことがあるならば何か?
個人的にもとてもたくさん考えるようにさせた作品だ。
<私は幸せです>という題名持って質問をよくした。
‘君は幸せだから’,‘そうではないならば何が不幸だから’簡単に話せば人々が‘ターニングポイント’の話をよくするのだが,‘ターニングポイント’が演技において‘ターニングポイント’というよりは私が一回ぐらい考えて移らなければならない点などに対して考えることができる時間を作った作品だ。
それでほかの時よりこの作品が終わって気が楽だった。
例えばあれこれ作品を通じて,私が持つことになって,享受したものなど,流れる雲と同じだった状況に対して考えてみるようにした。
また私の本来の姿を探すことができた時間だった。

ユン・ジョンチャン監督の演出力も引き立って見えた。
監督様が特別に要求したことあるか?

要求をするよりは相談をよくした。
話をたくさん交わした。
誇大妄想症という病気も,マンスの状況も私が体験してみなかったものなどなので初めから最後まで作り出さなければならなかった。
そんなことらを監督様が共同作業した。
目つき,手動作,行動皆リハーサルを徹底的にしたし,ワンカットが終わればモニターした後,修正して,またとる過程を繰り返した。

マンスは希望とは探してみるのが難しい絶望的なキャラクターだ。
キャラクターに没入するためには自身を捨てる過程が必要だったと思ったよ。

既にした演技は捨てようとした。
監督様も希望された部分だ。
全く違う表現方法と目つき,行動らを希望されたし,そんなことなどのためにも監督様と多い話を交わした。

マンスを演技する時した特別にした悩みがあるか?
最も多く気を遣った部分は狂ったふりをすることと見えてはいけないということだった。
精神病院に行って誇大妄想症にかかった方に会いながら感じたことだが自身の状況を話する時はとても真剣だった。
そして堂々としていた。
それで私が少しでも狂ったふりをすることと見えれば本当に患者のように見られないだろうという気がした。
一人で私は‘患者’と注入させたようだ。

演技する時,本人と接点を探した部分があるか?
寝て起きれば頭は似ている。(笑い)それのほかはあまりにも似た点がなくて。
あえて探そうとするなら映画のようにお母さんや兄がそのような状況ならば狂う前のマンスのようにどうにか私も勝ち抜こうとするようだ。
だが同じ部分はないようだ。
監督様と全てのものを作り出していなければならなかったので撮影当時にはあまり荷が重かった。

本人の演技に満足するか?
満足はできない。
だがその当時にはできるだけにの最善はすべてしたようだ。
もちろん今マンスの演技をまたしろといえば違った煙が出てきそうだ。
でなければもう少し補完になりうるだろうが,当時にはそれが最善だった。

091119ha33.jpg

ひょっとしてマンスのように人生に疲れて狂ってしまいたかったことがあるのか?
仕事を辞めたいと考えてみたことはある。
演劇をしてもこの仕事では思わず手を引くつもりだと考えたことがある。
ただすべてが嫌だった。
うつ病ではなかったのに,ある瞬間その気持ちを感じた。
‘私が今こういう生活をして,結果的に私に何が得になって何を得るのか’という考えが突然入ったよ。
そんなに良くない考えをしてみたから自分自身がみすぼらしく見えた。
私がやりたくてすることなのにある瞬間誰かが選択をしてこそ仕事をすることができてこの仕事を選びながら,私のすべての私生活をみな捨てたのに,果たしてこれが合うのかという気がした。
そのような考えらをして見たらあえて私がこういう姿をずっと維持しなければならない必要があるかに対して本当に深刻に悩んだ。

その時がいつだったか?
2007年度くらいであったようだ。

また原動力を探すことになった契機があるならば?
それでも演技が良いからするようだ。

イ・ボヨンの演技も引き立って見えた。
相手俳優として刺激も受けたようだ。

撮影会場では話をほとんどしなかった。
また感情が両極端を走るシーンが多くて,現場で話すことができる雰囲気でもなかった。
またそのような感情がずっと残っている時が多くて,互いに触らなかったようだ。
現場で感じたのはイ・ボヨン氏が演技に欲を多く出しているんだな,本当にがんばりたいようだということは話をたくさんしなくても感じた。

撮影会場の雰囲気はどうだったか?
概して静かだった。
ある場面のような場合には俳優やスタッフら皆神経が過敏になっている状態で撮影したことも多かった。
そのたびにスタッフらが先に演技できる状況を作った。

演技にあって刺激受けるロール モデルがあるならば誰か?
ぴったり1人を定めておくことではなかったが今はチャン・ドンゴン先輩が私のロール モデルだ。
欲がちょっと多いほうなので先輩らが持っている長所らを皆みな私のものにさせたい欲があるのだけど,特別に1人を挙げようとするならチャン・ドンゴン先輩だ。
演技的な部分もとても立派だがただ人間チャン・ドンゴンがとても良い。
先輩は今大衆に見られるイメージより何倍何十倍良いイメージを持っている。
すべての部分でそうだ。


【記事】[インタビュー] <私は幸せです>ヒョンビン②“お金,名誉よりサラン”
記事入力:2009.11.19 18:20
091119ha44.jpg
[マックスムービー=パク・ジョンミン記者]

最近とったドラマや映画が興行が良くない方だ。
主演俳優として負担もなるようだ。

全くない。
私は(興行は)関係ない。

それならヒョンビンに重要なことは何か?
私が望む作品を最後までつくしたと考えればすべてであるようだ。
そこまでが私の持分であるようだ。
なぜなら明確に私は私が出演した作品が良いと申し上げることができる。
だが見たくないのに見ろとはできないではないか?それは私の持分でない。
第三者が決定を下す問題だ。
ドラマを撮影して視聴率の話が出てきて,映画を撮って観客に対する話が出てくる時,無責任に聞こえることもできる。
だが仕方ないということと考える。
私がすることができるのは作品を広報して,カメラの前で私がすることができる力量をすべてすれば私の持分は終わりだと考える。
代わりに私はカメラの前では私がすることができるあらゆる事をつくす。

あらゆる事をつくすというのがどこまでを言うのか?
私がすることができるのはつくす。
それでどこの誰にも被害を与えたくない。
私自らにも悪口を言いたくなくて,大金を入れて,ドラマを作って映画を作るのに投資する方々にお金が惜しいという話は聞きたくない。
それで準備する時はほとんど完ぺき主義者のようにする。
だがその以後の問題までは私が耐えられることができない。

デビュー後初めから注目されることができた理由が秀麗な容貌のおかげというものを本人も否認できないようだ
助けは受けたようだ。

ところでこれまで演技した作品を見ればそこから抜け出して,挑戦するキャラクターを受け持ってきたようだ。
キャラクターを変化しようとしたことはただ一度もない。
“私のイメージを破らなくちゃ”と考えたことはないのだが、やりたい作品らをして見たらそのような話を聞くようだ。
要は近ごろいくつかの作品を見て‘ア、話こういうものもするんだね。’ ‘こういう試みもしてみようとするんだね’といわれることだ。
私は作品に魅力を感じて演技したことだけだ。
そしてある作品をしたその間しなかった演技をしようとするから自然に変わるほかはない部分だと考える。

091119ha55.jpg

共同作業した監督様の話を聞いてみれば真剣で模範生のようなイメージといったけど。
ドラマ<友へ>をする時は演技したドンスが高等学校までボクシングをした。
当時したアクション シーンを演技するためにはボクシングを習わなければならなかったしそれで撮影以外には運動にだけ時間を送った。
だがそんなことが悔やまれたりもする。
もし監督様ともう少し多い酒の席を持って話を交わしたとすればさらに多く役に立った場合もあったようだ。
そんなことが監督様がご覧になる時は模範生のようなイメージを持つようにしたかも知れない。
ところで,本来作品をする時は他のことはよくしなくて作品と関連したこと入るべき程である。

本来性格はどうなのか?
そうだな。
模範生の基準は何か?

そうだな。
それも曖昧なことではある。

台本だけ見ない。

監督らがそのように言ったのは男俳優ら中でチャン・ドンゴン同様に正しい生活イメージを持った俳優がいるのだが,ヒョンビンにそのような似た感じを受けるようだ。
チャン・ドンゴン兄にたくさん習っている。

具体的にどんなことをいうのか?
先輩のスタイルは特にどんなものを教えはしない。
‘お前はこのようにしろ’このような形でなく,一緒にいて一つ二つずつ何かを投げられる。
それを私が受ければ私のものになることと,受けられなければ移ることだ。
今回の映画と関連した忠告があったとすれば?
<私は幸せです>をする時は特別になかった。

ドラマ<友へ>しながら酒は減ってタバコは増えたといったのに。
今度はどうだったか?

酒をたくさん飲んだりしてはいない。
現場にいる時間があまりにも多かった。
あまりにも時間も差し迫ったし撮影分量が多くて,一日が直にたった。

あるインタビューを見ると30代になればもう少し多様な演技ができそうだという話をしたのだがなぜか?
経験のためだ。
以前に演劇をする時からそういう話をたくさん聞いた。
“1年先に演技した人を君はついて行けない。”以前には何の話にもならない話だとした。
私がもう少したくさん作品をしたり,もう少し技巧を分かるならばその人に勝つことができないだろうか考えた。
だが1年先に生きた人間の経験が私より多くならざるをえなくてまたそれが演技に役に立つということを知ることになった。
また30代になれば40代を待つだろう。

反対に30代になる前に必ずしてみたい演技があるならば何か?
ある意味での見方をすれば称賛であることもあるのでしなければならない仕事をしているようだ。
特別にしたいことはない。
どのようにか運が合って,きちんと上手になっていっているようだ。

家族や知人らは今回の映画を見たか?
両親は映画を見た。
去る釜山国際映画閉幕作で見たのに何の話もしませんでした。
そして焼酎を召し上がりに行かれた。
以前同じだったら‘苦労した。上手にした。苦労したね’こういうお言葉でもしたはずなのに映画が終わって車に乗って宿舎に来る間一言もしませんでした。
映画を見て苦しかったようだ。
後ほど宿舎に上がってきながらなさる話がとても苦しいとそうしたよ。

ガールフレンドは映画を見たか?
封切りをしなかったからまだ見られなかったんだろう。
マスコミ試写会時は周辺方々を呼ばなかった。

それで最近一緒にみた映画があるならば?
(夢中になって考えながら)あれこれ見たのに,一番最後に見たのが何だったか?たくさん見た。
<シェルブールの雨傘>も見たし。

次期作<晩秋>に対しても聞かせてくれ。
確実に‘ホスト’や‘つばめ’に近いキャラクターでどんな理由で米国に行くことになりながら広がる話を含んでいる。
以前とはまた他の新しい姿を見せることができるようだ。

中国女優タンウェイと呼吸を合わせることになる。
まだ撮影が成り立たなかったが,どうだと思うか?
共にリーディングをしたのだが映画に対する熱情が多い方だった。
感じが良い。

マックスムービーで俳優をインタビューする時,必ず省いてならない質問がある。
先に最初の質問.
お金,名誉,サラン中で何かを選ぶべきだとすれば何を選ぶか?

私はサランだ。
名誉は率直にそれほど考えて見たことがなくてお金のような場合は今金を儲ける理由が愛する人々を守るためだ。
それでサランが最初だ。
未来に私が設ける家庭に対する夢がある。
頭の中では本当に可愛い姿なのだが,私の子供が息子ならば良いだろう。
それで私と同じ服を着せて歩き回ることなどを想像してみる。

二番目質問は悪性コメントに対処する方法があるならば何か?
コメントは本来よく見ない方なので正確にある内容なのかは思い出せないのだが,私の意図とは関係なしに誤って書いた文を持って話が出てくる場合には気持ちがちょっとそうだったよ。
ネチズンらはその内容だけ見て私がした話だと考えてコメントをするから。
話にするのと文として書く時,ニュアンスの差があるようだ。
ところで意図とは少したくさん抜け出した文等があるだろう。
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。