--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
11
26

【記事】低予算映画‘私は幸せです’で精神病者役ヒョンビン

【記事】低予算映画‘私は幸せです’で精神病者役ヒョンビン
[中央日報]記事
今まで見たことも聞いたこともない経験しました,貴公子は忘れて下さい
htm_20091124024239c000c010-001.jpg
ヒョンビンの次期作は李晩煕監督の‘晩秋’リメーク.
翌月米国,シアトルで撮影を始める。
[パク・ジョングン記者]
美男スターらにはどうしても一種の強迫があるようだ。
彼らは神が下した身体的強力な点を祝福でなく荷物と受け入れる。
演技力にものさびしく認められなければならないという焦燥感を出しながら。
ドラマ‘私の名前はキム・サムスン’,映画‘百万長者の初恋’等で貴公子イメージを固めたヒョンビン(27).
彼が‘鳥肌’‘青鉛’のユン・ジョンチャン監督が演出した低予算映画‘私は幸せです’にお疲れさん代に近いギャランティーを受けて出演したのも率直に話せばそのように映る。
彼の多少突出した歩みは“彫刻のような容貌が荷物だった”というチャン・ドンゴンが2002年キム・ギドク監督の‘海岸線’に出演を自ら要望したことを浮び上がるようにする.
26日封切る‘私は幸せです’でヒョンビンが引き受けた精神病者マンスは彼の元気な焦燥感,換言すれば演技欲がどこまでついているかを察するようにする。
狂ってしまう前マンスは痴呆にかかったお母さんを世話する孝行息子だ。
だが賭博に狂って,弟を殴って脅迫するのを日常行って死んでしまった兄のためにチンピラらに毎日一緒に激しく手こずる暴力にあう。
出口が見えないトンネルのような人生の重さを耐えることが出来ないマンスは狂ってしまってしまう。
精神病院に行ったマンスは幸せになる。
周辺の人々に紙に数字を書いて小切手とし人情が厚く分ける。
今日明日の重い患者お父さんを見守るのに心身が疲れた看護師スギョン(イ・ボヨン)もその‘小切手’を受けた人の中一つだ。
“事実私に入ってきたシナリオではありませんでした。
所属会社の理事様が一度読んでみろとくれたことでしたよ。
まだその日夜が生き生きと思い出します。
寝る直前であったのに,読むやいなや理事様に電話して‘私これやりますよ!
’しました。”
電話を切って出るや急に怖くなったんだ。
“これをどのようにするか?と思ったことです。(笑い)
その瞬間からこの映画に‘スタンバイ’になったようです。”マンスが30代中・後半から30代初めに,理髪師からカーセンター整備工で設定が変わったのもヒョンビンのためだった。
“やったら多くのことを習うことができそうな作品でした。
撮影しながらも,自分自身に‘私は今幸せなのか?幸せならばなぜ?’のような色々な質問を休む暇もなく投げてみました。
経済的窮乏でもそれによって精神疾患を病んだりという状況は私が今まで聞くことも見ることも体験することもできなかったことだったからです。”
マンス役は事実上1人2役に違いない。
孝行息子ながら,不幸なマンスと,狂ってむしろ幸せなマンス.
二人のマンスをかわるがわる行き来しながら見せる人生のアイロニーはこれよりさらに苦々しくて複雑で息苦しくなれない。
カラオケで老いたお母さんを迎えておいて胸が張り裂けてしまうよう歌を歌う場面は出口ない優しい青年の人生を圧縮的に見せる場面だ。
“昨年釜山映画祭閉幕作で上映された時,両親が一緒に見ました。
ほかの時と同じならば上手にした,でなければ苦労したと話をするでしょうが、宿舎で行く車中でずっと何のお話もありませんでした。
そうしたところご両人が‘とてももどかしい。
焼酎や一杯飲みに行かなければならない’とおしゃることです。
(笑い)酒一杯飲みたくなる映画です。”
映画を見たら酒でなくとも思い付く考えがもう一つある。
特別惜しいことないこのハンサムな俳優の演技欲が欲で終わらないんだなという気持ち良い感じ話だ。
キ・ソンミン記者,写真=パク・ジョングン記者
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。