--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
11
27

【記事】[ヒョンビン]マンスとの接点ために精神病棟にも行った

【記事】[ヒョンビン]マンスとの接点ために精神病棟にも行った
文:カン・ビョンジン写真:チェ・ソンヨル| 2009.11.27

<私は幸せです>封切りと共に<晩秋>準備中のヒョンビン

映画<私は幸せです>は仮想の夢を通じて幸福を求めようとする男の話だ。
痴呆にかかったお母さん,賭博に陥った兄にあらゆるストレスを受けた主人公マンスは想像の世界へ逃避する。
アルプス山脈のある裾,ご両親が経営するホテルとレストランで美女らと共に裕福さを楽しむことが彼の想像だ。
マンスを演技する俳優がヒョンビンといった時,こういう誇大妄想はヒョンビンを今さら喚起させる。
マンスが夢見る人生はまちがいなく‘サムシギ’の人生だ。
男にでも,女にでも夢のようだった男を演技した俳優がすべての人々の悪夢を延期(演技)したのだ。
ところでヒョンビンにはその間隙を埋めるまた他の性格がある。
能力あるドラマPDだが,日常的な重さに踏み付けられていた<彼らが生きる世界>のジオ,荒れた運命を生きて凄惨に死んでいった<友へ,私たちの伝説>のドンス
順序上一番最初に撮影した<私は幸せです>が,一歩遅れて封切ったおかげかも知れないが,去る1年の間それほど多様な顔がヒョンビンを通じて生き返った。
その上次の作品はキム・テヨン監督がリメークする<晩秋>だ。
“私の顔は平凡だ”という発言がただちに妄言になったこの米俳優が今はどんな工夫をしているのか気になった。
P0000011_01[H310]

-米国にいる途中でちょっと戻ってきたものと知っている。
=<晩秋>を準備していた。
タンウェイもきて,共に台本リーディングをしている。
シアトルは雨がたくさん降っているのだが,韓国は急に寒くなったようだ。

-休まないでいる。
<私は幸せです>からドラマ<彼らが生きる世界>と<友へ,私たちの伝説>(以下<友へ>)をひきつづきしてはすぐさま米国行とは。

=意図したのではないが,してみるとそうなった。
<私は幸せです>をしながら<彼らが生きる世界>を決めた。
本来ある作品をしている時は他の作品を探さないほうだ。
入ってくるシナリオも見ない。
ところでなぜか<彼らが生きる世界>を見ることになったことだ。
<友へ>は<私は幸せです>前に決定された作品だった。
偶然に<彼らが生きる世界>と連結したよ。
ドラマ終わって日本に行って行事を行ったのだが,そちらでボラム映画社のイ・ジュイク代表様に会った。
本をくださると,はやく決定をしなければならないらしい。
結局このようになったことだ。
今年は特に我を忘れて生きている。

-<私は幸せです>はどのような点ために選択したか。
ヒョンビンという俳優には思いがけない作品と見える。
=当然私が上手にやれそうだという考えは1%もなかった。

他の見方をすれば無責任な話なのに,以前に作品を選択する時も常にそうした。
上手くやれるからしたのでなく魅力のためにした。
<私は幸せです>は非常に重い話なのに,シナリオを笑いながら読んだ。
私の笑いに私が妙になったということだろうか。
そうした点のためにしたかった。

-どんな部分で笑ったのだろうか。
=正確には分からない。
色々な状況に笑いのポイントがあった。
マンスが感じる現実的な重圧感が病院に来ながら良くなるのではないか。
そのような部分を喜びに感じたのではないが,軽く見ることができたようだ。

-ユン・ジョンチャン監督としてはあなたが出演するといった時,いぶかしがりそうなんだけど。
=監督様も信じられなかったです。(笑い)
なぜあの子がこの作品をしようとするのか疑わしかったそうだ。
会社で演技トレーニングさせようと送ったという考えもしたといった。(笑い)
私はただ率直に申し上げた。
熱心にやる自身はあると。
監督様がある程度私の真心を見られたようだったよ。
それでマンスをもう少し若い男に変えられた。

-マンスが処した状況は楽しみながらとることができるのではない。
大変なというよりは苦しくならざるをえない作業だ。

=苦しかった。
最も苦しかった点はマンスと私が何の接点がないということであった。
私の周辺で見ることもできなかった。
以前には私が持った部分を浮び上がったり包装したのに,今回はそのようにできなかった。
監督様と話しながら,目つきでも手動作でも一つ一つみな作らなければならなかった。
チック障害とかそのような?チックの種類もかなり多かったよ。
そんなこともみな作った。
後ほどには関連書籍も見たし,実際精神病棟に行って患者に会うこともした。

-実際患者に会ってみるとどうだったか。
=精神病院が恐ろしいところであることと考えた。
映画やドラマで見た先入観があったから。
突発行動も多い所で。
それでも行った。
看護師の方が一緒にいることと考えたのに,患者と会うようにしておいては行ってしまったよ。(笑い)
年齢が少しいった女の方だった。
マンスと似た病気を持っていた。
会ってみると恐ろしいというより驚いた。
マンスはどこでも自身が署名だけすれば小切手になると考えるのに,それはやはり‘金山’を持っていた。
手首にも金時計を着けられていた。
ところでいくら見ても金時計ではなかった。
私が驚いたのは彼があれこれ説明をするのだが,とても真剣だったということだ。
筋道を立て理路整然で。
マンスを演技する時も狂ったふりをしてはいけなかったよ。
病院にいるマンスには彼の行動が本当に本心でなければならないと考えた。

-ユン・ジョンチャン監督は俳優らにとてもものすごい演出者という評を聞いたことがある。
=ものすごい。(笑い)
監督様は満足しなかったり,表現が不足すれば望むのを作るようにすべての方法を動員したよ。
一度は自分自身を底辺に引き下ろさなければならない瞬間があった。
私がカメラ前に立っていて,周辺に多いスタッフらがいても激しい話をしたりした。(笑い)

-ののしることも一つ.
=ののしるのではないが,傷つくほどの言葉で内面をしばしば刺激される。
俳優立場では良くない状況だと考えた。
だがそれが単純に悪意的なのでなく感情を作り出すためにするのだから。
理解はしたのだが,気に障る時もたくさんあった。(笑い)

-メローラインが殆どない作品は<私は幸せです>が唯一なのではないか。
=そうだ。
ところでそこに有無は考えてみたことない。
ただしそのような部分を守ろうとする意志はあった。
撮影会場の雰囲気があまりにも両極端で行ったり来たりしたので,ボヨン氏と対話をしたり,いたずらをすることは殆どなかった。

-ついにマンスは精神病院を退院する。
映画を見る立場では今マンスがどのように暮らすが心配だ。
演技する立場でも想像してみたはずだが。

=当然してみた。
私の考えにはまた精神病院に戻ったようだ。
もちろんどうにか生きようとするだろう。
映画の最後の場面でマンスはバイクに乗って夜の道路を走る。
私はヘッドライトのあかりが重要だと見た。
小さい希望を持ってどうにか生きていく人生のようなこと。
マンスはそのように生きてまた精神病院に行っただろう。
良くなっていない状況であるから。

-劇中でマンスの誇大妄想には“ご両親がスイスでホテルとレストランを経営している”という部分が含まれる。
これはサムシギの人生だ。
なぜかユン・ジョンチャン監督がヒョンビンという俳優を意識して書いたことでないかと思ったよ。

=ハハハ。
それに対して話したことはない。
監督様が分かって書いた部分だ。
監督様は単に最大限おもしろく描写しようとしただけだ。

-その部分を見ながら,ヒョンビンという俳優が持ったフィルモグラフィーがほかの同年輩俳優に比べて多様だと考えた。
<私の名前はキム・サムスン>や<百万長者の初恋> <雪の女王>のような大衆的な作品があるかとすれば,<彼らが生きる世界>や<私は幸せです>のような作品もある。
比率に気を遣った配合のように見える。

=やりたいことをやってみたらそうなったことだ。
イメージ変身を試みたのはない。
同じ作品をしない以上,変身は当然なると考える。
ただし演技力の差によって,評価も違うようだ。
ところで作品ごとに商業的な部分を念頭に置いて決めた。
結論的に数値がそのような評価を作ったようだ。
多くの方らが見ないからマニア ドラマになったんだろう。
多様な選択をしたことは合うが,作品性を優先的に念頭に置いたことではなかった。

-共通点を探そうとするなら,内的な傷を表わす時の感じが強い人物らであったということだ。
=痛みがある男がたくさんいただろう。
分からない。
そのように考えて選んだのはないのに,後ほど見るとそうだったよ。

-似た男だが,<友へ>のドンスは意外な選択だった。
魅力的なキャラクターだが,事実今はとても典型的なキャラクターではないのか。

=夢に描いた機会だったためにしたことだ。
初めて映画を見た時,私もこういう作品をしてみたいと考えた。
その時は演劇をする時だったが,どれくらい漠然とした夢だったか。
ところで何年が過ぎた後機会がきて,直ちにつかんだ事だ。
事実周辺では反対が多かった。
上手くしたところで元手であるから。
他の作品もたくさんあるはずなのになぜあえて<友へ>をするかといった。
結局視聴率が良くなかっただろう。
だが<友へ>をとりながら,私の顔にも新しい表情があるとのことを習った。

-去る1年の間休まないで習ってきたことを今<晩秋>を通し見せてくれなければならない。
=期待が大きい。
非常に大きい挑戦でもあり。
セリフが100%英語なのに,英語で私が感情を表現することができるか心配だ。
作品が良くて,選択はしたが心配が押し寄せるので最大限はやく米国を行こうとした。
監督様と話しながら,英語授業も受けている。
今はちょっと楽になることはあった。

-タンウェイと会ってみてどうだったか。
=韓国語でできないが,次第たくさん対話をしている。(笑い)
リーディングする時そうだ。
キャスティングが決まってインターネットで私の名前を検索してみたと。
私たちのファンたちはだいぶ好んでいる。

-リメーク作で二人の男女はどんなキャラクターなのか。
=私の名前はフンだ。
タンウェイはエナになっている。
エナは原作のように模範囚なのに,フンは原作とちょっと違う。
何というか。
ホストが職業であろうか。
事実ホストとそういえば何をしたが,つばめではなくてホストが合うようだ。
実際にホストを専業でする男ではない。

-原作の男はだいぶふてぶてしい。
ぶらぶらしながら,女にちょうど突きつける。
ヒョンビンという俳優がそのような男を演技するならば似合わないようだ。

=そのような部分を多く取り払うことはあった。
多分私の年にふてぶてしい男を演技すれば本当に中身がない奴のように見られないだろうか?(笑い)もちろん最初からなくはない。
関心を持って接近するのは男だ。

-事実<晩秋>は基本設定上女性キャラクターに焦点が合わされた映画だ。
=表から見るには今話したのが合う。
あくまでも休暇出てきた模範囚がまた刑務所に帰る前までの話だから。
だが私と監督様は違うように話す。
“1人の女性が一日の間受ける贈り物に関する話”と。
エナにフンは最も大きい贈り物であるつもりであって。

-去る1年の動向を見ては<晩秋>以後にも他の作品が決定されているようだ。
=ない。
来年には本当に休みたい。
このように仕事したことがデビュー以後初めてだ。
<私は幸せです>以後ちょっと変わったのもあるようだ。
作品に対する欲もさらにできたし,演技で表現することの面白味もさらに多く感じることになった。
一人だけの質問を本当によくしてみたようだ。
自ら分からなかったことできるから余裕ができた。
連打席にしてもあまり大変でなく感じられる。
来年には休みたいが,本当に休むことが出来るかは分からない。

-ガールフレンドがとてももの寂しがらないだろうか。
外にばかり出回ると。

=もの寂しいだろう。(笑い)
ところで何同じ仕事をする人だから。
普段も理解をよくするからそういうのを持ってトラブルができはしない。
もちろん私も100%理解してあげる。(笑い)

P0000012_02[W636-]
P0000013_03[W636-]
(出処:cine21.com)
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。