--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010
03
09

ワン・ジヘインタビュー~マックスムービー

【記事】[インタビュー] <個人の好み>ワン・ジヘ?“吹け,春風!”
記事入力:2010.02.25 13:52
201002261308321.jpg
[マックスムービー=クォン・クヒョン記者]本当にたくさん寒い冬だった。
ニュースでは計測史上最高で雪がたくさん降ったという便りが聞こえてきたし,一日が遠いと落ちる水銀柱に人々はコートの中に縮こまった。
そんなにも寒かった冬であるものの24節期で憂愁が少し去る23日,ふと訪ねてきた暖かい風は人々に春を感じさせた。
気象キャスターの話を借りて“3月下旬の天気”というの日に俳優ワン・ジヘがマックスムービー本社を探した。

まだ大衆にワン・ジヘという名前は見慣れないことも分からない。
だがドラマ<友へ:私たちの伝説>(以下友へ)の‘ジンスクが’と話せば“ア~”と首を縦に振る。
それほど高い視聴率を記録したドラマでもなかったが,それだけ<友へ>でワン・ジヘは印象的な容貌と悲しみを胸中に埋めておく演技で大衆の目で存在を知らせた。

<友へ>時だけでもワン・ジヘは“新人違うか?”という誤解を生んだ。
だが高1の時路上キャスティングを通じて,雑誌モデルでデビューしたのがすでに10年前のことだ。
このような誤解はワン・ジヘという名前が順次知られながらおさまった。
ワン・ジヘは長い待機終わりにそのようにいつの間にか大衆に近寄っている。

おかげでワン・ジヘの足取りはとてもせわしくなった。
<友へ>が終わるやいなやブラウン管を抜け出して<食客:キムチ戦争>(以下食客2)の‘ジンス’を通じて明るくて気さくなイメージを表現した。
そして映画が看板を下ろす前にドラマ<個人の好み>で‘インヒ’役にキャスティングされた。

<個人の好み>はイ・セインの原作小説を土台に4人の男女のサランが互いに交差する風景をはつらつと描いたロマンチック コメディー作品だ。
ワン・ジヘは今回のドラマで‘ケイン’(ソン・イェジン扮)の恋人を奪い取って,結婚までしようとする‘インヒ’役を担って演技をする。
<個人の好み>を前に置いたワン・ジヘの風は素朴なことも,それでもとても科することもしない。

“春風のようだったら”

ワン・ジヘはそのように自身の春の日が来ることを待っていた。
201002261308531.jpg
放映前から<個人の好み>に対する視聴者たちの反応がすごいです。
原作小説があるがドラマの情報はたくさん公開されていないことに,ワン・ジヘ氏が引き受けたインヒに対しての話して下さい。
原作のインヒとドラマのインヒは少し違います。
ケインと10年親交という基本ベースは同じだがキャラクターの過去に対する設定がたくさんできました。
ご両親がおられないで,私一人だけを信じて,私を励ましながら生きていくキャラクターでしょう。
他の見方をすれば自己中心的にあらわれることもできるが生きてくる過程の中で必然的にそうなった女です。
良く言えば堂々としていて,悪く話せば厚かましいということができます。
友だちのボーイフレンドを奪い取って,結婚までするキャラクターです。
悪いということを分かりながらも,自分の合理化をさせます。
申し訳ない心はあるが友へに当然だというように話します。
“これは仕方ない。
男女がつきあうと必ず結婚まで続くのではないのではないのか。
その男が結局私を選択した。”という情けないが違わない話を吐きだしたりします。

他の見方をすれば手段と方法を分けない‘悪女’スタイルではないようですか?
悪女というよりは私はクールな女と表現したいです。
ただ自分の基準にしたがって人に対するパターンが変わるだけです。
自分がたいしたことでない時は寛容ながらも,自身の欲を満たさなければならない時は悪女の姿を見せます。
今1,2話まで外に出てこない状況だとインヒに対して全てのものは話すことはできない状況だが,来週から撮影に入ればインヒをより知ることが出来そうです。

さっぱりしている顔立ちが<友へ>の‘ジンスク’には気さくさを,<食客2>の‘ジンス’には活発さを感じられるようにしました。
悪役のインヒを演技する時も冷たさでも険しさを表現するのに助けになることのようです。

助けというよりはむしろ節制がちょっと必要だと思います。
ジンスクを演技する時も私の性格と違いたくさん節制しました。
カク・キョンテク監督様が演技において他の方向を私に捉えて下さいましたよ。
悲しいシーンをとる時も涙を流すことで視聴者たちにアピールするよりは,涙を我慢して笑いで悲しみを伝達する演技を要求されました。
そのような面がより大きい痛みを伝達できるということを習いました。
堂々としていてとうとうたるキャラクターとして大きい目でにらみつけるとかという演技は自制しようとします。
わざわざ容貌で悪女を表現したくもないよ。
さらには顔付きが大きいということは私のコンプレックスです。
私の演技を見られる方々の視線が分散しはしないだろうかと思って心配になります。
特にブラウン管はスクリーンと違った感じであるからさらに心配が大きいです。

インヒの性格はワン・ジヘ氏が眺める時どうであるようですか?
私が現実でできない言葉をインヒはすべて言って生きます。
結婚式場で“男女がつきあったと必ず結婚しなければならなくて?”という話が事実違った話ではありません。
だがそういう話を誰がすることがあります。
自身の内心をみな表わすことができる人物というものが私にはとても格好良く感じられます。
私もずうずうしさはあります。
性格がそうだというよりは勘が鈍くて,しばしば厚かましくなります。
それでも私は毒舌をくんではれるとか,人々の話にずばずば反論する性格は違います。
むしろ程度にそそっかしくてリアクションがかなり大きい方でしょう。
wangjihye1.jpg
インヒは10年親交のボーイフレンドを奪い取ってくる女なのに,ジヘ氏ならばどうだと思いますか?本当に気に入る男が友だちのボーイフレンドならば?ひとまずそのような経験はないよ。(笑い)奪いはしないと思います。
それでも眺めることもできなくて,‘あの人と結婚しなければならない’という気がすれば私も分からないです。(笑い)だが恋愛が目的ならば今その場のためでそんなことをしはしないと思います。

去る17日にリーディング練習に入ったのに,雰囲気はどうでしたか?<友へ>が映画システムを基盤でとった作品であることを考えれば本当に久しぶりのドラマ撮影だったじゃない?
きちんとなされたドラマは<完ぺきな隣に会い方>以後2年ぶりです。
そのためかその日たくさん緊張しました。
あたかも初めてデビューする時のようでした(笑い).
初めてのリーディングなのにかかわらず,とても楽しい雰囲気でした。
ソン・イェジン先輩のような場合はリーディングでも内面が感じられられましたよ。
台本を見た時‘果たしてこういうセリフはどのように消化するだろうか?’という疑問を感じる部分があるのにソン・イェジン先輩はとてもなめらかにやり遂げられます。
キム・チソク氏は<チュノ>撮影中にもかかわらず多い準備をしてこられたようでした。
<チュノ>のワン・ソンイと全く違うキャラクターなのにセリフをよく生かされるという感じです。
イ・ミンホ氏はハンサムな容貌と違うように冷たくて冷静なキャラクターをよく生かされましたし。
隙間なくて徹底した面がなぜかよく似合うようだよ。
ご両人みな背も本当に高くて,素晴らしいです。
またチョン・ソンファ先輩,リュ・スンニョン先輩,アン・ソックァン先輩,チャン・ウォンヒョン先輩皆演技が優れていられる方々で,たくさん習うことができそうです。
出演陣皆TVで見た方らという考えに緊張もよくしたのに,リーディングからとても上手にするから,‘上手にしなければならない’という考えだけ頭でぐるぐる回りましたよ。
私だけ上手にすればこのドラマはうまくいきそうです。(笑い)

‘インヒ’をよく現わすために特別に努力することがあるんですか?
私がデビューしたかは古くなったが,新人でも同じだと見ると監督様がたくさん気を遣って下さってたくさん教えて下さいます。
ドラマは忙しく回るから監督様と対話をする時間がないことと思ったのにたくさん気を遣って下さってとても感謝します。
監督様と話を交わして,キャラクターをより分かるべきだとの心に毎日インヒの立場を考えます。
‘学生時代にはどのように過ごしたのだろうか?’,‘ボーイフレンドを奪った時はどんな心であったか?’という式で考えてみています。
そして寝る前に‘私が世の中の中心だ’として一種の催眠をかけています。(笑い) ‘すべての人に対する時,勝手気ままにすることができる’と考えます。
男もそうで,友だちもそうで,皆を私の下と考えようとします。
率直に行動でもそのようにしたいがそうすることはできないでしょう。
友らが私に“練習みなして,インヒのように私に行動してもかまわなくて。”と話したりもします。
それでも私が私の友だちらのボーイフレンドを奪い取ることもできない役割でしょう。(笑い)

<個人の好み>を見る視聴者たちに特別にアピールしたい面目があるならばどんな姿でしょうか?
<食客2>をする時はあどけなくて可愛くてさわやかな姿をお見せしたかったです。
<友へ>で見せてくれた暗くて悲しいイメージ,そして私年取ってみられるイメージを脱皮したかったんですよ。
今回の<個人の好み>では洗練された姿を浮上させてお見せしたいです。
何か憎いが愛らしい演技をする俳優であらわれたらいいですね。
話す言葉つくすインヒを見てすっきりされたら良いよ。
(しばらく間をおくと)率直に認知度も上がったら良いでしょうね。(笑い)大衆的な俳優になりたいです。
かたいイメージでない本来私の性格のとおり気楽なイメージをお見せしたいです。
jinsuk1.jpg
ブラウン管を通じて顔を映すということは幅広い年齢層に演技を見せるということなのに,最もアピールしたい年齢帯があるの?
20代です。(笑い) <友へ>時ジンスクを40代,50代の方らがたくさん大切にされましたよ。
一度は夕方道を歩いているのに年齢が40代と見えるおじさんが気持ち良く酔われていたようです。
私を見ると“ジンスク!
どこ行くんだ!”と大声を張り上げられましたよ。
恐らく慶尚道の方だったようです。
私が釜山を背景に演技をするとうれしかったようです。(笑い)それで今度は若年層にアピールしたいです。
<友へ>時はドラマもそうでキャラクターもそうでたくさん暗かったのではないですか。
今度は明るいイメージをお見せしたいです。

事実<友へ>はwell madeドラマだったにもかかわらず審議,時間帯調整などで視聴率が低調でした。
同じ時間に放送された<華麗なる遺産>の人気は多かったんですよ。
新しい作品を入りながら,視聴率に負担も感じそうです。

私が唯一対陣運が良くないです。
<北京我が愛>時は<火の鳥>とあたりましたし。
<完ぺきな隣に会い方>をする時は<太王四神記>きてつきました。
<友へ>は<華麗なる遺産>であったし,<食客2>は<アバター>のせました。
視聴率が全部ではないが今度は初めての放送25%?(笑い)だがこれは希望のです。
すべての作品が予想外の状況が近づくこともできるようです。
それで常に肯定的に考えてがんばろうとします。

<友へ>が日本に進出したし,<個人の好み>もキャスティング面目で見て海外で関心を持つ方と言いますが。
ひょっとして来年頃ならば海外で活動しておられるのではないでしょうか?

頼むから。(笑い)日本国内反応を正確には分からないがヒョンビン兄さんが日本で認知度が高くて,カク・キョンテク監督様も日本国内にマニア層があってよ。
原作もまたチャン・ドンゴン先輩のおかげで人気が高かったことから知っています。
<個人の好み>もイ・ミンホ氏が日本で人気が高いと知っているのに海外進出をすれば色々な面で良いでしょう。(笑い)

<個人の好み>がワン・ジヘという俳優の演技人生にどんな意味でしょうか?
<個人の好み>が3月に始めるからです。
春風のようです。
春風が吹けば全てのものが新しく始まるでしょう。
花と新芽が育って,新しい学期が始まって,<友へ>が私の冬ごもりを起こしてくれたとすれば,<個人の好み>は私を前に進むようにさせる気持ち良い春風です。
眠りから覚めたので春風に乗って散歩を出て行くようです。
ひとまず長い間の待つこと終わりに春風が吹いては来たもののようです。
どれくらい気持ち良くて暖かい春風一陣待ってみなければなりません。
写真:クォン・クヒョン記者
[インタビュー] <個人の好み>ワン・ジヘ?“演技のほか何もできなくて”
記事入力:2010.02.25 14:35
201002261417211.jpg
[マックスムービー=クォン・クヒョン記者]ワン・ジヘに初めて会ったことは去る9日開かれた第7回マックスムービー最高の映画賞の時であった。
その日授賞者で参加したワン・ジヘは大きい身長と眼に触れる容貌,そしてブラック ドレスでレッドカーペットでフラッシュ洗礼を受けた。

<友へ>の‘ジンスク’は暗かったし,<食客2>の‘ジンス’は気さくだった。
だが映画上でみたワン・ジヘはなごやながらも,カリスマあった。
本当に色々な色を持っている俳優だ。

それでこの日インタビューが妙に緊張したことなのかも分からないことだ。
だが実際に会ってみたこの俳優,とても明るい。
インタビュー前に彼女に持ってきた緑茶がカップからもれることがあった。
“アッ アツイ!”と話しながらも,“ひょっとしてお茶準備して下さった方は私のアンチなのですか?”として冗談を言う。
この俳優,本当に明るい。
なぜか突然訪ねてきた春天気がワン・ジヘのためではないかという気がする。

おかげでインタビューは楽しく続いた。
あまりにもリアクションが強いために大きく笑ったらしょげる瞬間があったが映画賞の話から無名時期の話,そして演技に対する考えなど多様な話を交わすことができた。

マックスムービー最高の映画賞授賞式に来られたのに,授賞式に参加した所感はどうだったですか?
私が映画賞という所に初めて招待を受けました。
なりに準備すると前にした最高の映画賞をみな探してみて行きました。
どうである方々来られるのか確認もしたのに,それでも初めてだとたくさん緊張しましたよ。
私の位置で誰かに授賞するということが負担になって見慣れなかったんですよ。(笑い) <友へ>の,ジンスクでも<食客2>のジンスとは他の面目をお見せしたくて,ドレスやヘアースタイルにもなりに気を遣うと使ったのに他の俳優方々も見るからたくさん萎縮しましたよ。
それでも授賞しながらも話したが次には必ず受賞者でその位置に立ちたいです。(笑い)
201002261417331.jpg
レッドカーペットはどんな感じだったですか?
とても震えました。
率直に申し上げればドレスに合わせて,かかとが高い靴を履いたのにレッドカーペットというものがそれとなくふわふわしましたよ。
おかげでかかとが陥って倒れそうでものすごく気を付けました。
歩き方気を遣うのにその雰囲気を感じる間もなかったです。(笑い)ただ‘倒れてはいけない’という考えだけ頭にいっぱいでした。
初めてはみなそのようです。

フィルモグラフィーを見れば男俳優幸運です。
カン・ドンウォン,ハ・ジョンウ,パク・ヨンウ氏もいて,<不良少女>はイ・ジンウク氏のデビュー作でしたよ。
ミュージックビデオも李スンギ,JTLなどと共にしたし,<友へ>では言葉どおり男豊作でした。
その上今度は‘ク・ジュンピョ’イ・ミンホ氏,キム・ジソク氏と一緒です。
特別に最も魅力的な人を挙げるならば?

演技で見る時,ヒョンビン兄さんのような場合は集中力が本当にすごいようです。
普通どんなシーンをとるためには徐々に感情に染み入る時間が必要だがビニ兄さんは一度に没入してしまいます。
そばで見れば鳥肌が出るほどです。
新人の時出演した作品では違う方々に視線を合わす機会もなかったし,記憶もよく出ません。
ジンウク兄さんのような場合はキム・ジフン氏,ユン・ジョンファ氏,チュ・サンウク氏と一緒にかなり親しいですね。
普段おしゃべりも何時間ずつしてますよ。(笑い)会えば‘その時や今も変わりない’という感じを受けます。
熱心に演技して,人も暖かくて良いよ。
ミンジュン兄さんはとても気さくです。
いわゆる言うトップ俳優なのに人間的な面が多いようです。
この人が俳優なのに俳優のようでない姿が見える時,かなり人間的に見えて良かったんですよ。

無名の時間が長かったです。
それでも作品を休んでいたことでもなく着実にしたのに長時間を待ってきたようです。

私があまりにも単純で,大きく大変だと考えてみたことはないです。
作品も自ら着実にしましたし。
長く休んでみたのが<完ぺきな隣に会い方>が終わって1年ほど休んだのが最初で最後だったようです。
休む時は‘一歳でも幼い時他の道を行くべきか?’という考えになるが単に興行運が良くなかっただけ作品もとても良かったし,相手俳優らも良かったです。
また私が好む演技を着実にできて力を得たことのようです。
‘うまくいくようだ’という考えも常にしましたし。
201002261417561.jpg
スランプ時はどんな気がしましたか?
‘私がなぜならないだろうか?’という考えました。
私が変だというよりは状況何かのせいにしたことでしょう。
だが時間が過ぎて見たら悟りがきましたよ。
私がなぜならないかということを恨むのではなくなぜならないかを分からなければならないということを。
そうしたら作品が一つ二つ入ってきましたよ。

事実今の年齢に比べて,とても演技経歴が古くなったのに,早目に演技者の道に入り込んだ契機があるならば?
高1の時デビューしたのに率直に特別な契機はなかったです。
その当時路上キャスティングがたくさん流行しました。
キム・ミニ氏,キム・ヒョジン氏がイシューになった時期だったが,私もそうする方々見ながら漠然とした憧れの心ありました。
ところで私が路上キャスティングになりましたよ。
その以後には一瀉千里で広告もとって,演技デビューもすることができるようになって,本当に思い次第成り立ちましたよ。
初めにはことも多かったのに,そうしたら私が腹が膨れたようです。(笑い)当時がんばったらより良い結果を持つこともできたでしょう。
その時はそのまま流れ次第動きました。
周辺で“可愛い。可愛い。”いうから本当にそうしたと思って気楽にあったことでしょう。
とてもやさしくと考えて見たらこのように圧迫されてあんなに圧迫されて,その時分別がついたことでしょう。

演技でなくほか他の仕事をしてみたくはなかったんですか?高1ならばいろいろ夢を見る時期じゃないの?
私があまりにもできるのがないですので。
そのような点も演技にまい進するようにさせる要素であることのようです。(笑い)他の夢があるならば,パン屋を経営したいです。
私がパンを本当に好みますね。
食べることでなくとも作るのも好んで,時々直接作って,会社職員らに分けたりもします。
残される方々も時々あるというのが問題だが。(笑い)

ロールモデルがあるんですか?以前から明らかにしてこられた<パボ>,<セブンデイズ>の,パク・ヒスン氏のことです。
パク・ヒスン先輩はロールモデルだというよりは私があまりにも好みます。
以前インタビューの時ファンだと話したのにある瞬間ロールモデルで記事が出て行きましたよ。(笑い)先輩らの中ではイ・ミスク先輩をとても尊敬します。
先輩のカリスマと堂々としていることは女優で必ず習いたいです。
可愛い女優を越えた美しい女優であるようです。
演技)る姿もとても良いが映画<女優たち>で見せてくださった姿もとても良かったです。
個人的に<女優たち>はシーズンで製作して,続編を作ればさらにおもしろいと思います。
その時は私も必ず出演してみたいです。
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。