--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010
03
10

キム・ミンジュン~ELLE

私はエンターテイナーとみるより職業演技者だ
A LIFE LESS ORDINARY 279

彼は終わりなしに自身のコンプレックスに対して話した。
国際的な名声を持った監督らと<アイアン プッシー>と<全羅の詩>,二つの作品を終えたしまもなく日本今年ロケーションに進行される<デプスDEPTH>撮影を控えていながらも。
なんだか少し反駁したかったが黙黙と彼の選択を見守るのもよいと考えた。
俳優キム・ミンジュンに演技はどうせとても長くするように共にする職業であるから.::キム・ミンジュン,デプス,映画,エル,ソリッド オム,画報,エル,elle.co.kr::
mcms_as_return_resource.jpg
彼の声を聞かせることができないということから今書いているインタビューの限界であることだ。
よちよち,心を込めて発音してゆっくりある単語ずつ力を込めて吐きだす声を。
なじむがそれで若干粗野で,一時間半余りの愉快なおしゃべりだけで‘ア,もしかしたらこの男を分かることも同じだ’という錯覚の中に度々陥ることになる清潔な語り口をそっくり伝達できないのはその時や今も残念だ。
初めて会ったのは7年前.
短いインタビューであった。
彼はバイクを走らせて一人で約束場所に現れた。
黒いライダージャケットにバックパックを持って手にはヘルメットを入ったままであった。
当時内面空白がしばらく不足した私はインタビューの主導権を奪われるまいと内心もじもじと全身の毛を尖らせて彼の気さくな姿になんだか少し気が抜けた。
彼はそのような警戒や無駄が必要ない人であった。
こちらで最善を尽くして,スマッシュを飛ばせばまたそれだけの誠意でその球が戻ってきた。
その日以後私の内の分類にあって彼はずっと,かなりいい男の方だった。
二番目に会うキム・ミンジュンは彼の表現を借りようとするなら‘職業演技者’臭いがプンとした。
韓国,タイ,日本3ヶ国代表監督らが釜山を背景にお目見えする3部作カメリア プロジェクト中一つの<アイアン プッシー>きて,カワグチヒログミ監督の<全羅の詩>撮影を終えて出た以後であった。
ミルクティーをごくりと飲みながら“ア,おいしい。”と素朴な感想を吐きだす顔の線は少し太くなったがゆっくり単語を選んで慎重に答えるクセは相変わらずだった。
mcms_as_return_resource01.jpg
1ボディーラインについてフィットするスーツとティーシャツはすべてソリッド オムム.
2ブラック革ジャケットはバレンシアガ。

<アイアン プッシー>の背景は当然みな釜山だ
そうだ。
8日ばかりですべての撮影を終えたのに本当におもしろくとった。
前に映画<シチズン ドク>を見てア,あんな監督がタイにあったんだな,完全にウィシッ ササナティエン監督様のファンになったのにあいにく私にキャスティングが入ってきたことだ。
びっくりした。
夢が現実になったから。
監督様とスタッフらはタイ語で,私は韓国語にして共通的には英語を使わなければならない状況なのに珍しいほどコミュニケーションがうまくいった。

もともと英語腕前が秀でてる?
くしゅん。
嘘をつこうとすればくしゃみが出てきて。
ハハ。
そうではなくて。
監督様とよく通じた。
キャラクター分析が正確だとしながらお好きだったのに作品後部分に私が出したアイディアをそのまま使われた。
とても気持ち良かっただろう。
あまりにも何回ならない撮影なので最大限集中した。

<アイアン プッシー>や<全羅の詩>はあまりにも存在感ある監督の作品だが,選択した理由がそれが全部ではなかったようだ。
栄養分を,均衡を合わせなければならないと考えた。
とても忙しく作品をしながら欠乏した部分があったよ。
国際的な作業をしながらそのような均衡感覚をほしいという欲があった。
そのような折りもしかしたら時流をよく乗ったようだ。
経験分が増えたことだけでとても良い。

配役にあって最も重要な選択基準?
私がどんな演技ができるのかに対する若干のギャランティー。
‘キム・ミンジュンであるからあのように出てくるよ’見せることができること。

キム・ミンジュンに対する基本常識というか,いくつかのイメージがある。
なので,真剣で運動上手にして,趣向というか趣味の幅が広い男.

ハハ。
そして一癖あって?
ア,それはなかったんですが。
艶がないという話,たくさん聞く。
仕事をする時は隙間がなかったらと思って鋭敏な方で。
何となくさみしく接する時もあることのようだ。

あと、常識は合うか?
ハハ。大部分は。

演技のほか最も大きい関心があること?
DJ。音楽こそ私を支える存在だ。
実はタバコを吸ったのもドラマ<友へ>した頃が初めてだったから。
1年しかならなかったんだよ。
私には音楽が逸脱だ。
そのような音楽を私が触ることができて,人々が聞き入れるという魅力についに舞台まで上がったんだろう。
不意に何か風が吹いて,DJをするかとするのに私にはとても自然な部分だ。

DJという名前で初めて舞台に上がった時は本当にビリビリしただろう
率直に演技者の才能よりそちら側が‘ちょっと’さらに才能があること同じだ。
DJするのは私の五感で作り出すことじゃない。
クラブは本当に光と音で終えなければならない空間で。
とても微細なゆがむこと,音の波長,こういうものらに集中をしなければ雰囲気が即座に乱れることだ。
映画とすればあたかも監督のようだ。
神だよ,神。
クラブの中だけは。

演技もそれくらいおもしろいか?
カタルシスはDJする時と全く違うんだが。
うむ,ケミカル的な楽しみはないから。
演技は利益を得るという宿命だと考える。

‘宿命’?
二度としたくないと考えたがしっかりしてみればまたしていて,またしていること。
ある日だか作品をいくつかしたという問いにふと数えてみて‘十ヶ越えるんですが。’と答えながら,私もびっくりした。
私は常に新人だ。
デビューしてからいくらも経たなくてこういう考えを持っていたよ。
記事を見たのだが癌闘病中であるオ・ヒョンギョン先生が最近までも闘魂を燃やして,演技をしたよ。
このように素晴らしい職業を天職とすることができるとは。
私には身に余る有難さだ。
-中略-

私はエンターテイナーとみるより職業演技者だ。
それで全部見せてあげることは嫌なことだ。
私はそのまま中間ならば良いだろう。
広告もとても慎重に選択するのは演技者はどんな指向や色ができてはいけないと考えるからだ。
普段私をたくさん調べてみられなかったら良いだろう。


*詳しい内容はエール本紙3月号を参照して下さい!

EDITORパク・ソヨン
PHOTO BO LEE
ヘアー.メーキャップソンチャン(FORESTA)
スタイリスト アン・ミギョン


連発したくない言葉だけど、”深い”
仕事も趣味も人生も、ストイックなんだか、楽しんでいるのか、微妙なバランスのとり方が興味深い。
まじでかっくいーな
Comment

[442]

うん。かっくいいーーe-328
「オトナの男」だなぁv-352

猫ちゃんとのショット、すごーーーく良いわe-349

[443]

ひらこ、あんにょんv-222
ね~、この黒猫っつーとこがなんか締るねv-352
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。