--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
06
04

【記事】クァク・キョンテク監督"ドラマ'友へ'は映画ファンらに対する恩返し"

【記事】クァク・キョンテク監督"ドラマ'友へ'は映画ファンらに対する恩返し"
記事入力2009-06-04 08:17[アジア経済新聞ムン・ヨンソン記者]
200906040815516301366A_2.jpg
クァク・キョンテク監督が2001年映画'友へ'をドラマ化したMBC新しいドラマ'友へ,私たちの伝説'に対して"映画で受けたサランに対する恩返し"と明らかにした。
来る27日初めての放映を控えて釜山で後半撮影に真っ最中のクァク監督は"映画'友へ'に送ってくださったファンたちのサランに報いる方法の一つでドラマ製作を選択した"と説明した。
引き続き映画製作技法を導入,映画で感じた感動をそのままテレビ劇場に移ってくる予定とし"スクリーンで経験できる映像美とドラマの面白味を結合した"と付け加えた。
その間'友へ'をはじめとして'チャンピオン','マット・ボーイ','タイフーン','サラン'など映画演出にまい進してきたクァク・キョンテク監督にドラマ'友へ,私たちの伝説'はドラマ演出挑戦作。
これで映画原作ドラマらが製作過程でドラマPDが投入された例から抜け出して,映画原作の監督が直接ドラマ演出を引き受けた初めての作品に残ることになった。
クァク・キョンテク監督は"ドラマ演出に対する負担がなかったことではないが映画'友へ'を記憶して愛するファンたちに対する当然の礼儀という考えに演出に出ることができた"と明らかにした。
封切り当時19才以上観覧可等級にマルチプレックス上映館が活性化しなかった時期であるのにかかわらず,810万人という驚異的な観客動員記録を立てた映画'友へ'に対する観客のサランをまだ感じているという説明だ。
映画の総括プロデューサーを受け持っている(株)眞人事フィルムのイ・チャンジュン専務は"映画原作の監督で作家のクァク・キョンテク監督こそドラマ演出に適格だと考えた"として"映画それ以上の感動を伝えることができるだろう"と付け加えた。
一方,MBC週末特別企画ドラマ'2009外人球団'の後続に放送される'友へ,私たちの伝説'はヒョンビンとキム・ミンジュン,ソ・ドヨンなど主要俳優らが釜山で合宿しながら,撮影に臨んでおり,ワン・ジヘ,イ・シオン,チョン・ユミ,ペ・グリンなど有望新人らが大挙キャスティングされて,期待を集めている。


クァク・キョンテク監督、ふぁいてぃん
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。