--
--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
06
15

【記事】ワン・ジヘ インタビュー

【記事】‘ヒョンビンの彼女’ワン・ジヘ“あのシンデレラではありません”(インタビュー①)
[2009-06-15 12:30:27]
[ニュースエン文 チャヨン記者/写真 パク・ジュンヒョン記者]
200906031807361020_1.jpg
200906031807361020_2.jpg

2001年全国的に800万人の以上の観客を動員した映画‘友へ’は男たちの話だ。
その中で強いインパクトをあたえる女主人公がいた。
キム・ボギョンが引き受けた女子高生バンド レインボーのボーカル ジンスクだ。
来る6月27日初回放送されるMBC週末企画ドラマ‘友へ,私たちの伝説’(以下友へ)の女主人公ジンスクはどのように違うだろうか。
キム・ソナ,ソン・ヘギョなどトップスターと演技したヒョンビンの相手役ジンスクを自分のものにした幸運の主人公はまさにワン・ジヘだ。
▲クァク・キョンテク監督をひきつける。
乳白色皮膚に丸い目,やや分厚い唇が魅力的なワン・ジヘは85年生まれで高等学校1学年の時CF朝の日差し,ネイト,現代自動車などで名前を知らせてKBS ‘北京我が愛’,SBS ‘完ぺきな隣に会い方’,映画‘ビューティフル サンデイ’等に出演しながら,着実に演技力を積んだ。
ワン・ジヘはジンスク役を担うために全国各地で支援者が集まったオーディションでクァク・キョンテク監督の目に入って,適任者になった実力派だ。
クァク・キョンテク監督はオーディションを見る時,ワン・ジヘの演技以外の私生活に対しても尋ねた。
個人的な話を交わす過程でクァク・キョンテク監督は彼女の人間性格と発展の可能性を見抜いてワン・ジヘに女主人公役を抱かれた。
ワン・ジヘは“オーディションでこういう話までするんだな”と考えたが今は“印象的なオーディションだった。
その瞬間が胸中にたくさん残っている”としてクァク監督に感謝の気持ちを表現した。
ワン・ジヘは馬山(マサン)出身だ。
なまりを使う配役に魅力を感じたワン・ジヘはジンスク役を担った後、釜山(プサン)なまりを勉強した。
“馬山(マサン)なまりと釜山(プサン)なまりは明確に差があります”としてささいなことから完ぺきを追求したワン・ジヘは眉間をしかめる時できるシワや口元,首渡すことまでディテールを気を遣うというクァク・キョンテク監督の気に入るほかはない準備されたジンスクだった。
80%以上撮影が進行された時点で会ったワン・ジヘは自身の役割を“新しいジンスク”と紹介した。
▲ ‘新しいジンスク’キャラクターディテールあるクァク監督との合同作品
“ドラマ'友へ'のジンスクはりりしくて明るい姿が強いです。
カリスマあるバンド レインボーのボーカルでもあるが,逆境を勝ち抜くキャンディ性格が浮び上がりました。
波瀾万丈なジンスクの家族ストーリーも繰り広げられます。
だからだろうかお父さんとお母さん,弟(妹)の間で泣いて笑う独立的なキャラクターが作られました。
まさにワン・ジヘが演じたジンスクでしょう。”
ワン・ジヘはクァク・キョンテク監督が‘男たちに振り回されるいかにも物悲しいキャラクター’では行かないといった時‘この部分がワン・ジヘのジンスクを作り出すことができる部分’という考えに深く共感した。
クァク・キョンテク監督はりりしいジンスクを作るために絶えずワン・ジヘと討論したしワン・ジヘはそれから‘新しいジンスク’を作り出すことができた。
また女子高生バンド レインボーの友へらも個性のある甘草の役割でドラマに力を加える予定だ。
ワン・ジヘは俳優チョン・ユミ,ペ・グリンと共に釜山で5月近く苦楽を共にして築いた情は忘れないことだと伝えた。
ドラマ‘友へ’は去る1月28日初めての撮影を始めて,来る6月27日初回放送まで大部分の撮影を終わらせる方針だ。
映画‘友へ’製作スタッフらが総動員して類例がない100%に近い事前製作率を記録していて高いクォリティーを見せると予想される。
その中でクァク・キョンテク監督とワン・ジヘが作り出した新しい魅力のジンスクがどのように描かれるのか視聴者たちの期待が高まっている。


【記事】‘友へ’女主人公王ジヘ“ヒョンビンとメロー期待されます” (インタビュー②)
[2009-06-15 12:30:44]
[ニュースエン文 チャヨン記者/写真 パク・ジュンヒョン記者]
200906041153201001_1.jpg
200906041153201001_2.jpg

“ドラマ‘友へ’は明るいです。”
MBCドラマ‘友へ,私たちの伝説’で女主人公ジンスク役を担ったワン・ジヘが“ドラマ‘友へ’は映画より多く明るくなった感じ”と話した。
2001年全国的に800万観客を呼んで集めた話題の映画‘友へ’のドラマ版‘友へ,私たちの伝説’(以下友へ)が来る6月27日からMBCを通じて放送される。
ドラマ‘友へ’はヒョンビン,キム・ミンジュンが主役を演じた作品.
映画主人公チャン・ドンゴン,ユ・オソンに次ぐ新しい魅力を伝える予定だ。
ドラマでヒョンビンとキム・ミンジュンのサランを同時に受けるバンド レインボーのボーカル ジンスク役ではワン・ジヘが適任者になった。
女主人公ジンスク役を担ったワン・ジヘはKBS ‘北京我が愛’,SBS ‘完ぺきな隣に会い方’,映画‘ビューティフル サンデイ’で顔を知らせた大きな目が魅力的な女優だ。
王ジヘは“ドラマ‘友へ’は映画‘友へ’より明るい部分が多い”として映画とドラマの差異点を説明した。
ドラマ序盤にはドンス(ヒョンビン扮),ジュンソク(キム・ミンジュン扮),サンテク(ソ・ドヨン扮)等主人公らとバンド レインボーのジンスク,ウンジ(チョン・ユミ扮),ソンエ(ペ・グリン扮)の楽しい学生時代が描かれる予定だ。
ワン・ジヘは“映画が男主人公らの関係中心に進行されるのに反してドラマはジャンル特性上メローラインや家族的背景などが全面とあらわれて興味深いサブ ストーリーらを大挙お目見えするだろう”と話した。
ジンスク キャラクターやはり差別化されるものと見られる。
映画ではジンスクが学生時代バンド レインボーボーカルであって成人になった後、ジュンソク(ユ・オソンの方)の妻として比較的に少ない比重で登場した。
これに反しドラマ‘友へ’では主人公数人とメローラインを形成して家族関係やはり新しく追加されて,ストーリー前面に出る。
ドラマ‘友へ’は去る1月28日撮影を始め来る6月27日初めての放映日まですべての撮影を終える方針だ。
クァク・キョンテク監督と製作スタッフは100%に近い事前製作率で完成度を最大限高めるところに努める予定.
クァク・キョンテク監督は最近ドラマ‘友へ’が"スクリーンで経験できる映像美とドラマの面白味を結合した作品"と明らかにしながら,成功に対する自信を伝えたことがある。
Comment
 

管理者にだけ表示を許可する


«  | HOME |  »

"Undisclosed Story"

プロフィール


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


QRコード


************


リンク


♪かじるすおんぬんの

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。